サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

PC修理はデータが消える?消えてしまう原因・故障種類などを徹底解説



パソコンが故障した場合、機器の修理を行う必要があります。しかしパソコン修理を行うと、保存されているデータが消えてしまう可能性があります。せっかくパソコンを修理して使える状態になっても、データが初期化されてしまうと、仕事に影響が出たり、大切な思い出の写真を失ってしまいます。

そこで今回はパソコン修理でデータが消えてしまう原因や故障箇所を解説していきます。修理によってデータを失う可能性はないか、確認の参考にしてください

修理によってデータが消えてしまう原因

PC(パソコン)修理をメーカーや専門業者に依頼した際に、データが消えてしまうことがあります。その原因は、部品交換時にPC(パソコン)のHDDやSSDなどの記憶媒体ごと交換してしまうからです。詳細な故障部位を把握するためには時間とコストを多く消費するため、ほとんどの修理業者が異常が発生した部品を丸々交換してしまうようです。

必ずしも「PC(パソコン修理=データが消える」というわけではありませんが、故障の種類によってはデータが初期化されてしまうということを覚えておきましょう。

ポイント修理時にデータを保証するメーカーや修理業者は非常に少ないため注意しましょう。

データが消えてしまう可能性があるPC故障の種類

どのような故障が発生している時に修理を依頼すると、データが初期化されてしまうのでしょうか?

修理を依頼してデータが消されれてしまわないように、修理時にデータが初期化されてしまう可能性があるパソコン故障の種類をいくつかご紹介します。

HDDやSSDなど記憶媒体の故障

HDDやSSDなどの記憶媒体が故障してしまった場合、修理時に交換されてしまうことが多いです。PC(パソコン)のデータはHDDやSSDなどの記憶媒体に格納されているため交換すると二度と元に戻りません。

PC(パソコン)が起動できない」「電源を入れるとエラーメッセージが表示される」「動作がとても遅い」などの症状がある場合はハードディスクの故障が疑われます。

HDDやSSDからデータを取り出すには適切な復旧作業を行う必要があります。故障したパソコンからデータを復旧する方法については下記のページで詳しくご紹介しています。

OSの故障(MacやWindowsなど)

OS故障時の修理もデータが消えてしまう可能性があります。

OSはPC(パソコン)のシステム全体を管理するソフトウェアであり、OSが正常でないとPC(パソコン)の起動はできません。OSが故障したとき修理業者やメーカーはOSの再インストールやHDDの交換の作業を行うためデータが初期化されてしまいます。

エラーメッセージ」「Operation system not foundと表示される」「ログイン画面が表示されない」などの症状がある場合はOSの故障が疑われます。

マルウェア感染

マルウェア感染も修理時にデータ消えてしまう可能性があります。

マルウェア感染してしまった際、修理業者は駆除を試みますができない場合はOSの再インストールなどでデータが初期化されてしまいます。さらに、マルウェアによってデータが暗号化されてしまうと修理業者には対応が難しいようです。

PC(パソコン)の動作が急に遅くなった」「ファイルが勝手に消える」「勝手に再起動を繰り返す」「不審なポップアップが出る」などの症状がある場合はマルウェア感染が疑われます。

上記がPC(パソコン)修理時にデータが消されてしまう可能性がある主な故障です。これらの故障に当てはまるかどうか修理を依頼する前に必ず確認しましょう。

ポイント原因がわからない場合は無理な作業は避け業者に相談しましょう。

修理業者と復旧業者どちらを選ぶべきか

PC(パソコン)が故障してしまった場合、修理業者とデータ復旧業者のどちらに相談すればいいのでしょうか

「動作」の復旧を優先する場合は…

パソコン(PC)の「動作」の復旧を優先する場合はメーカー・修理専門業者に依頼しましょう。

保証サービスに加入している方や純正品のパーツで修理を行いたい場合は、パソコンを製造しているメーカーに修理を依頼しましょう。ただし、保証サービスに加入していない場合や保証が終わっている場合は倍近くの費用がかかってしまいます。またまだ使える部品であっても修理・交換されてしまいより多く費用がかかってしまうこともあるようなので注意しましょう。

修理専門業者に依頼する際はWebで様々な業者を調べ、安心できる修理専門業者を選びましょう。しかし、一度修理専門業者で修理を行うと今後メーカーでの修理ができなくなってしまう可能性があります。そのため、メーカー保証期間内である方は、修理専門業者での修理はあまりおすすめしません。

「データ」の復旧を優先する場合は…

「データ」の復旧を優先する場合はデータ復旧業者に相談しましょう。

データ復旧業者は、HDD(ハードディスク)やSSD(ソリッドステートドライブ)、USBメモリなど、障害が発生した記憶媒体からデータを復旧するサービスを行っている業者です。データ復旧サービスを行う修理業者もありますが、データ復旧業者に比べると復旧に関する専門知識や設備、ノウハウが劣っています。復旧ソフトなどの復旧方法よりもデータ復旧成功の確率が高く、最も安全に速くデータ復旧を行える可能性が高いです。診断~見積もりまで無料で行っている業者もあるため、まずは無料相談を受け付けているデータ復旧業者へ問い合わせることおすすめします。

おすすめデータ復旧業者

データ復旧業者は国内に100社以上あると言われています。そのため、信頼できる技術力の高い業者を選択することは素人には難しいです。そこで、データ復旧サービス各社の価格、対応製品、期間や特長から比較した、おすすめの業者を紹介します。

デジタルデータリカバリー


サイト:デジタルデータリカバリー
デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) デスクトップパソコン、ノートブックパソコン、RAID機器(NAS/サーバー)、内蔵ハードディスク、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積29万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

まとめ

今回はPC(パソコン)修理でデータが消えてしまう原因や故障箇所を解説しました。

PC(パソコン)が故障してしまった際は「動作」「データ」どちらを優先するかを判断し適切な業者を選択しましょう。「動作」を優先する場合は、メーカーや修理業者に依頼し「データ」を優先する場合は、技術力が高いデータ復旧業者に依頼することをおすすめします。

  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。