気になる!iPhone6Sのセキュリティについて

2015年9月9日(日本時間の10日)に、アップルからiPhoneの新型であるiPhone6Sが発表されました。

iPhone6Sの仕様

新型であるiPhone6Sでは、下記の改良がなされています。

  • 新色ローズゴールドの追加
  • 画面タッチの強さを検知する「3D Touch」の採用
  • カメラの強化
  • プロセッサ性能の向上

この記事を読んでいる皆さんの中にも、早く手に入れて使ってみたいと考えている方も多いと思います。

iPhoneが新型になることで多くの新機能が加わりましたが、ハードウェア面でのセキュリティ機能や性能の向上はあったのでしょうか。また新型に採用されるOSであるiOS9のセキュリティ面での向上にはどういったものがあるのでしょうか。今回は、これらについて順番に見ていきましょう。

iOS9のセキュリティ内容について

iPhone6Sでは、iPhone5S以降で採用されている指紋認証内蔵のホームボタン「Touch IDが搭載されていますが、今回のiPhone6Sではこの性能がさらに強化されています。新型のTouch IDでは起動速度と処理能力がより向上された結果、指紋感知性能が向上しています。

パスコードの進化

また、従来のiPhone6以前に採用されていたiOS8では指紋認証以外のログオン時などに利用するパスコードは数字4桁となっていましたが、iOS9ではこれが6桁になります。この結果、パスコードとして使える数字の組み合わせが104=10,000通りから106=1,000,000通りに拡大し、第三者によるパスコード解析をより困難なものとすることによって、大幅なセキュリティの向上を実現しています。

二要素認証

さらに、Windows10でも採用された二要素認証が利用可能となっています。これは、あらかじめ携帯電話等を信頼済みデバイスとして登録しておき、それをログオン認証の際に利用するというものです。

iOS9の場合は、利用時に別途登録したiPadなど他のアップル製デバイスや携帯電話にセキュリティコードを表示し、それを使用してログオンするというものです。これによって、別途登録したデバイスの持ち主である正しいユーザは瞬時にアクセスできますが、パスワードを不正に取得したユーザはアクセス出来ないということになります。

おわりに

重要なことは、これらの新機能をしっかりと使うことです。強化されてもパスコードを設定しないなどという使い方をすれば何の意味もありません。購入時はしっかりとまず設定を行い、そのうえでこの新しい製品を楽しみましょう。

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?