サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

WebARGUS(デジタル・インフォメーション・テクノロジー 株式会社)

万が一のサイバー被害を0.1秒でなかったことに

WebARGUSはランサムウェア被害やWebスキミング、情報漏えい等のシステム改ざんが引き起こす様々な被害を0.1秒以内に検知・復旧することで、被害を限りなくゼロにすることができる、全く新しい考えのもと作られたソリューションです。

3つのポイント

  • POINT 01

    不正アクセス等によるシステム改ざんをリアルタイムで検知、0.1秒以内で復旧します

  • POINT 02

    サーバ内の設定ファイルや実行モジュール、OS構成ファイルも防御します

  • POINT 03

    マルウェアやランサムウェアからの被害も防御します

画面サンプル

製品・サービス概要

営業対応エリア 全国対応
対象従業員規模 全ての規模に対応
対象売上規模 全ての規模に対応
提供形態 オンプレミス
参考価格 48万円 / 年〜

資料サンプル

製品・サービス詳細

日々高度化していくサイバー攻撃に対して、多くの企業は強固な防御システムを構築し対応してきました。しかしながら、サイバー被害は増加の一途をたどり、日々、テレビニュースや新聞紙面を賑やかしています。

【被害に合わない最善のソリューション】を見つけ出すのは非常に困難で、【ゼロトラストセキュリティ】の考えのもと、外部対策だけでなく、内部のデータそのものを防御するソリューションが必要となります。あわせて、万が一の被害にあった場合の対策として【レジリエンス(復元力)】を備えなければなりません。

WebARGUS(ウェブアルゴス)は、サーバ内のファイル・ディレクトリをリアルタイムで監視し、不正アクセス等によるサイバー被害にあった場合、0.1秒未満で元の正しい状態に復旧できる唯一の製品です。

【ゼロトラストセキュリティ】+【レジリエンス】=WebARGUS

システムがサイバー被害に侵された場合、その復旧には多くの時間とコストが発生します。また、企業の信用失墜にも繋がりかねず、様々な面での損害が発生します。

WebARGUSがあれば、これらの復旧にかかる時間を0.1秒未満に抑えることができるため、被害箇所の特定~復旧までの時間とコストを0.1秒未満で解決できます。

また、高速復旧により、データ漏洩やランサムウェア被害などの2次被害防止も可能となり、多くのサイバー被害からシステムを守ることが可能となります。

2014年の発売以降、導入社数/サーバ数は約300社/3,000サーバを超え、大手金融機関様から中小企業様まで、日夜、システムをお守りしています。

デモンストレーションやPOCのご用命など、お気軽にお申し付けください。

企業情報

会社名デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社
本社所在地

〒104-0032
東京都中央区八丁堀4-5-4 FORECAST桜橋5F

設立年月2002年1月4日
資本金453,156千円
従業員数1,056名
事業内容
  • システム開発
  • 組み込み系ソフト開発
  • サーバ保守運用
  • サイバーセキュリティ製品開発販売
  • RPA製品開発販売
代表者名市川聡