三重県委託先、電子メール誤送信で里親らのアドレス27件流出|サイバーセキュリティ.com

三重県委託先、電子メール誤送信で里親らのアドレス27件流出



画像:三重県より引用

三重県は2023年3月29日、県が社会福祉法人に委託する里親養育関連事業において誤送信が発生し、里親らのメールアドレス27件が流出したと明らかにしました。

三重県によると委託先の社会福祉法人では2023年3月23日、研修動画の視聴を希望する里親らに宛て、案内メールを外部一斉形式で発信しました。ところが、担当者はメールアドレスを入力する際、本来BCC欄に入力すべきところを「CC」欄に入力したまま送信していたとのこと。

担当者は送信時、ミスに気づいていませんでしたが、送信後に別の職員がミスを発見。三重県に連絡があり、事実関係が判明しました。

なお、委託先の社会福祉法人は判明後、誤送信先に事情を説明。謝罪のうえでメールの削除を依頼しました。

参照委託事業者によるメールアドレスの流出について/三重県


セキュリティ対策無料相談窓口


「セキュリティ対策といっても何から始めたら良いかわからない。」「セキュリティ対策を誰に相談できる人がいない。」等のお悩みのある方、下記よりご相談ください。

無料相談はこちら

SNSでもご購読できます。