サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

個人情報保護委員会、破産者サイトに停止勧告



画像:個人情報保護委員会より引用

個人情報保護委員会は2022年7月20日、多数の破産者の個人情報を掲載しているウェブサイト(以下:破産者サイト)に対し、個人情報保護法に違反して取り扱っているとして、個人データの提供を停止するよう勧告(同法145条)しました。

破産者サイトとは、破産や民事再生の手続開始決定を受けた人の情報を掲載し、公開しているウェブサイトです。破産者の情報は債権者のために官報に掲載されますが、破産者サイトでは情報を地図データと紐づけ、第三者が閲覧可能な状態に置いています。

個人情報保護委員会は破産者サイトへの停止勧告の理由として、

「1、公開により不特定多数からの財産的・人格的差別の誘発が予見される」
「2、個人情報を取得・利用しているにも関わらず利用目的を本人に通知していない」
「3、不特定多数が閲覧可能な状態であるが、本人の同意を得ずに提供している」

の3点を指摘。個人情報保護法の複数の条文に触れるとして、停止の勧告を発しました。

なお、破産者サイト側はこれまで「海外で運営しており、現地法が適用される」と主張しており、個人情報保護委員会は事実確認の上で対処するとしていました。

参照破産者等の個人情報を違法に取り扱っている事業者に対する個人情報の保護に関する法律に基づく行政上の対応について/個人情報保護委員会


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。