サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

オフィスバスターズ社が不正アクセス被害、顧客情報流出の可能性



画像:株式会社オフィスバスターズより引用

株式会社オフィスバスターズは2022年6月29日、同社ネットワークに対する外部からの不正アクセスが発生し、情報流出や不審メールが確認されたと明かしました。

説明によると、同社では2022年6月に入り「同社従業員を装う不審なメールに関する問い合わせ」が複数寄せらていました。同社がこれを調査したところ、同社ネットワークに対する外部からの不正アクセスが判明。

同社によると、攻撃は社内情報の流出の可能性を引き起こした可能性があるほか、不審メールの原因となった可能性もあるとのこと。同社はこのため、事実を公表したうえで対象者らに注意を促しています。

顧客情報流出懸念、カード情報は対象外

オフィスバスターズ社によると、流出項目は顧客の氏名やメールアドレス、電話番号や住所、注文内容などの情報です。ただし、カード情報の流出は確認されていません。

同社によると、流出情報を引用したと見られる不審メールが確認されています。不審メールは従業員を名乗りURLリンクや添付ファイルへのアクセスを促す類のものですが、メールドメインが正規のものと異なるとのこと。受信した場合は開封せず削除するよう求めています。

なお、不正アクセス判明後、JPCERTが公開しているEmotetチェックツール「EmoCheck」の実行やウイルス対策ソフトの入れ替え、全社員に対する注意喚起などを実施。現在は外部の専門業者に相談しており、今後のセキュリティ対策について、検討している状況です。

参照弊社ネットワークへの社外からの不正アクセスについて/株式会社オフィスバスターズ


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。