琉球大学が不正アクセス被害、卒業生や教員287名の情報流出か|サイバーセキュリティ.com

琉球大学が不正アクセス被害、卒業生や教員287名の情報流出か



画像:琉球大学より引用

琉球大学は2022年2月28日、同大のウェブサーバーに対する不正アクセスが発生し、過去同大卒業生や教員合計287名の情報が流出した可能性があると明らかにしました。

琉球大学によれば、攻撃対象となったサーバーには2009年~2015年に同大工学部に所属していた学生275名および工学部教員12名の情報が記録されており、対象者の情報が外部に流出した可能性があるとのこと。

格納データには氏名や電話番号のほか、当時の学籍番号や成績、レポート内容などの情報が含まれていました。

二次被害は確認されず

琉球大学は不正アクセス発覚後、対象の卒業生らに書面で謝罪しています。

また、事実関係を説明し注意を促すとのこと。ただし、記事公開時点で流出情報を悪用したと見られる事例は確認されていません。

琉球大学は今後、サーバー管理体制の強化及び、情報セキュリティ教育の徹底を図り、再発防止に取り組むとしています。

参照琉球大学への不正アクセスによる個人情報の漏えいについて(お詫び)/琉球大学




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。