群馬大学メールサーバーが不正アクセス被害、57万件の迷惑メール発信|サイバーセキュリティ.com

群馬大学メールサーバーが不正アクセス被害、57万件の迷惑メール発信



画像:群馬大学より引用

群馬大学は2021年10月20日、同大学が運用しているメールサーバーが何者かのサイバー攻撃を受けたことにより、利用者1名メールアカウントが不正利用されたと明らかにしました。

大学が調査したところ、攻撃者は何らかの手段でメールアカウントに対して不正アクセスし、2021年9月21日~2021年9月24日の期間中に合計3回にわけ、約33万件のアドレスに対し合計約57万件の英文での迷惑メールを発信したとのこと。

このため、群馬大学は関係先に謝罪しました。

学外のアクセス規制など実施

群馬大学は事案の発生を受け、再発防止策を講じるとしています。

記事発表時点で原因は明らかになっていませんが、具体的な措置として、学外からの不正アクセスを阻止する方針とのこと。また、被害を受けた該当サーバーは廃止する考えを明らかにしています。

参照不正アクセスによる迷惑メール送信のお詫びについて/群馬大学


セキュリティ対策無料相談窓口


「セキュリティ対策といっても何から始めたら良いかわからない。」「セキュリティ対策を誰に相談できる人がいない。」等のお悩みのある方、下記よりご相談ください。

無料相談はこちら

SNSでもご購読できます。