サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

IPA、ウェブ版企業セキュリティの実施状況チェックツールを公開



画像:独立行政法人情報処理推進機構(IPA)より引用

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は2021年8月17日、企業におけるサイバーセキュリティの実施状況をセルフチェックするためのウェブ版診断ツール「サイバーセキュリティ経営可視化ツール」を公開しました。

今回公開された「サイバーセキュリティ経営可視化ツール」は、企業のIT利活用にあたって経営者が認識すべき原則や実施すべきセキュリティ項目をまとめた「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」に基づき作られています。利用方法は、IPAが提供している情報セキュリティ対策支援サイトにアクセスし、CISO等企業のセキュリティ責任者がIPAが用意したサイバーセキュリティに関する合計47の質問事項(経営に関する質問39問・事業内容に関する質問8問)に回答するというもの。

結果は重要セキュリティ10項目の実施状況としてレーダーチャートで表示され、IPAが蓄積している同業種の平均データと比較したり必要となる施策の洗い出しができるとのこと。また、特に評価の低い項目に対しては推奨対策の実践例を表示し、具体的な改善方法を紹介する機能も盛り込まれています。

グループ企業間や部署間でのクロスチェックにも利用可能

IPAによると可視化ツールの主な対象は従業員300名以上の企業・組織です。しかし、300名未満の企業を対象としないものではなく、質問項目にも従業員数10人以下および100人以下の選択肢が含まれています。

なお、データの活用方法としては自社経営者・責任者での自己診断・改善のほか、グループ企業間でのクロスチェックも可能とのこと。

IPA側が利用を想定し提供している「サイバーセキュリティ経営可視化ツール(比較シート)」で各組織の実施状況をまとめることで、全体統括者がセキュリティ施策実施状況を把握することが可能とのことです。

参照サイバーセキュリティ経営可視化ツール





  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。