サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

マイクロソフト、歴史的ブラウザInternet explorerのサポート終了を発表



画像:マイクロソフトより引用

米国マイクロソフト社は2021年5月19日、同社が提供しているインターネットブラウザ「Internet explorer」について、2022年6月15日(日本時間では2021年6月16日)をもってサポート終了すると明らかにしました。

Internet explorerは公開から約27年間が継続している、ロングセラーブラウザです。現在こそGoogle chromeなどにシェアを明け渡しているものの、黎明期から急速に需要拡大。一時は米国ユーザーの約95%が使用するほどのシェアを誇っていました。

そんなInternet explorerですが、今回の決定によりサポートが終了する形となります。ただし、マイクロソフト社はWindows Server 上のInternet Explorer11など一部法人向けサービスなどついて、サポートを継続するとのことです。

後継「Edge」の登場

米国マイクロソフト社はInternet Explorerの更新終了の背景として、後継ブラウザ「Edge」の存在を言及しています。

同社は「Edge」について、高い互換性や生産性、セキュリティ性の高さを有したブラウザと説明しています。IEモードによる古いサイトへの互換性やスリーピングタブや垂直表示機能などリソース確保や情報整理に役立つ機能をアピールしたほか、「Microsoft Defender SmartScreen」やパスワードモニター機能など、複数のセキュリティ機能を紹介。

これら、Edgeが持つ機能性の高さが、IEの終了に繋がったとしています。

参照The future of Internet Explorer on Windows 10 is in Microsoft Edge


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。