サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

サイバー戦争やランサムウェア巧妙化など、2020年上半期サイバー攻撃レポート公開|チェックポイント

  • LINEで送る

画像:チェックポイントソフトウェアテクノロジーズより引用

セキュリティプラットフォーマーのチェックポイントソフトウェアテクノロジーズは2020年7月22日、本年度上半期のサイバー攻撃の動向をまとめたレポート「CYBER ATTACK TRENDS: 2020 MID-YEAR REPORT」を公開しました。

公開されたレポートによると、2020年上半期に発生したサイバー攻撃の特徴は「新型コロナウイルス」です。現在、世界各国がワクチン開発やウイルス研究を進めていますが、サイバー犯罪者たちがこうした医療機関などを狙うため、新しいプロセスを試行するケースも出ているとのこと。

同社は今回のレポートでは、モバイル端末を狙った攻撃やクラウドへの流出など、サイバー攻撃のトレンドを系統別に分析し、攻撃者たちの手口や動向を統計情報にまとめたとしています。

サイバー戦争激化、ランサムウェア巧妙化など

チェックポイント社は今回のレポートで、下記4点を挙げています。

  1. サイバー戦争の激化
  2. 脅迫攻撃の巧妙化
  3. モバイル端末を狙った攻撃
  4. クラウドサービスを狙った攻撃

サイバー戦争の激化と名付けられた1の事象は、国家規模で起きているもの。2020年上半期においては、コロナウイルスに便乗した形で国際機関や医療組織に対する攻撃が激しさを増しており、事例が多数確認されたとしています。

また、チェックポイント社は過去流行を見たランサムウェアも、新しい形で再び蔓延の動きを見せていると警告しています。従来のランサムウェアは感染後に内部データを暗号化して脅迫行為をしていましたが、最近のランサムウェアは暗号化前に情報を抜き取り、支払いを拒否したら情報を流出させると「二重の脅迫」を仕掛ける動きがあるようです。

3点目のモバイル攻撃は、OSの公式アプリストアに有害なアプリを紛れ込ませるというもの。また4点目のクラウドサービスを狙った攻撃は、テレワークの進展により重要データがパブリッククラウドを通過する傾向が生じたため、これを狙った攻撃が確認されているとのこと。

チェックポイント社上記4点について、特に警戒が必要との認識を示しています。

参照CYBER ATTACK TRENDS: 2020 MID-YEAR REPORT/チェックポイントリサーチ

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。