サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

ESETサイバーセキュリティ脅威レポート2021年第3三半期版を公開~ランサムウェア犯罪者が続々逮捕!2022年に終息なるか?「Sodinokibi」のメンバー10数人も~



欧州スロバキアにグローバルヘッドクオーターを構える「ESET」。ESETのリサーチャーが世界中のサイバー犯罪の状況を分析し、「ESET Threat Report(ESETサイバーセキュリティ脅威レポート)」として、定期的に発表しています。2021年度第3三半期(9月~12月)におけるグローバルの脅威状況をまとめたレポートが、「ESET Threat Report T3 2021」です。

ESETの日本拠点「イーセットジャパン株式会社」が、ESET Threat Report T3 2021を読み取り、日本国内で特に話題となったトピックを抽出。日本国内における脅威状況の分析を交えながら解説した日本国内向けレポート、「ESETサイバーセキュリティ脅威レポート2021年第3三半期版」を、2022年3月9日に公開します。

ランサムウェア犯罪者が続々逮捕!2022年に終息なるか?

端末内のデータを暗号化した上で身代金を要求するマルウェア「ランサムウェア」の動向は、ここ数年、サイバーセキュリティの世界において、最も注視されてきたトピックでした。2021年度第3三半期のランサムウェアの動向について、解説します。

ランサムウェアの検出数は0.6%の微増ながらピークもあり

ESETが確認したランサムウェアの検出数を、T2(2021年5月~8月)とT3(2021年9月~12月)とで比較すると、わずか0.6%の微増に留まりました。ただし、全体的には横ばい傾向ながら、注目すべきは、攻撃にはピークがあり、ランサムウェア検出数が急増したポイントが存在している点は見逃せません。

一番のピークは、2021年第3三半期初めの2021年9月9日。この日検出されたランサムウェアのうち73%を占めていたのが、脅威レポート2021年第2三半期版で詳報した「Win/Filecoder.Sodinokibi」(別名:REvil)です。

そして、9月9日に最も多くランサムウェア攻撃が発生したのが、南アフリカでした。わずか数日前の9月6日には、南アフリカの司法省が大規模なランサムウェア攻撃を受けています。

参照Ransomware Attack Encrypts South Africa’s Department of Justice, System Still Being Restored/Gadgets360

史上最高額2億4千万米ドルの身代金

ランサムウェアが要求する身代金の史上最高額が、またまた更新されました。2021年第3三半期中、欧州最大の家電量販チェーン店メディア・マルクト(MediaMarkt)がランサムウェア攻撃に見舞われましたが、驚くべきは、ランサムウェアの身代金の額です。

SNSでもご購読できます。