画像:弊社「セシールオンラインショップ」への“なりすまし”による不正アクセスについて/株式会社ディノス・セシールより

株式会社ディノス・セシールはこのほど、同社が運営するオンラインショップ「セシールオンラインショップ」にて不正アクセスが発生し、合計6件の顧客アカウントに不正ログイン被害が生じたと明らかにしました。

同社によると、攻撃者の手口はパスワードリスト型攻撃。中国IPとのこと。他のサービスから入手したものと思われるID・パスワードを使い、合計2,929 回のログインを試みていたと説明しています。

外部流出の痕跡はなし

セシール社によると、インシデントにより流出した可能性がある情報は下記の通り。顧客情報がファイルに出力されたり、外部に転送された形跡はないとしています。

閲覧された可能性のある情報は下記の通りです。

  • 氏名
  • 会員ランク
  • 保有ポイント数

同社はインシデント発生後、不正ログインされたアカウントの一時凍結し、顧客への連絡を実施。攻撃者のIPをブロックするなどの対応を取っています。

相次ぐ不正アクセス被害

ディノス・セシールは、2017年以降度重なる不正アクセス被害を受けてます。

同社は相次ぐインシデントに対処すべく、顧客に向けID・パスワード管理徹底を促す告知事項をホームページ上に掲載。さらにセキュリティレベルの向上策を検討すると説明しています。

参照弊社「セシールオンラインショップ」への“なりすまし”による不正アクセスについて/株式会社ディノス・セシール

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?