リスト型攻撃で顧客情報1件が閲覧された可能性|セシールオンラインショップ

画像:弊社「セシールオンラインショップ」への“なりすまし”による不正アクセスについてより

株式会社ディノス・セシールは2019年2月6日、同社ECサイトの「セシールオンラインショップ」にて、何者かの不正アクセスが確認されたと明らかにしました。

同社発表によると、攻撃者は外部で取得したと思われるIDやパスワードを利用して、不正ログインを敢行。顧客アカウント1件が不正侵入され、個人情報が閲覧された可能性があるとしています。

リスト型攻撃の疑い

ディノス・セシールによると、不正アクセスは2019年1月30日に発生。攻撃者は国内IPを利用して、合計18回の不正ログインを試みたとのこと。

成功した攻撃は上記の通り1件ですが、これとは別に顧客アカウントのIDと一致するログイン試行履歴も確認されており、外部流出した情報を用いた不正アクセス(リスト型攻撃)の疑いが強いとの見方を示しています。

なお同社によると、不正アクセスにより閲覧された可能性のある情報は下記の通りです。

  • 氏名
  • 会員ランク
  • 保有ポイント数
  • お客様番号
  • 性別
  • 生年月日
  • メールアドレス

再発防止策

ディノスセシールは今回のインシデントを受け、被害を受けた顧客に連絡の上で、アカウントの一時的な停止を決定。攻撃元のIPをブロックするなどの対応を発表しました。

同社は過去、何度も同様の手口による不正アクセスを受けています。再度発生したインシデントを受け、今後はさらにセキュリティレベルの向上に努める旨発表しました。

参照弊社「セシールオンラインショップ」への“なりすまし”による不正アクセスについて

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?