宅ふぁいる便の個人情報約480万件が流出、株式会社オージス総研

画像:「宅ふぁいる便」サービスにおける不正アクセスによる、お客さま情報の漏洩について(お詫びとお願い) /株式会社オージス総研より

株式会社オージス総研は2019年1月26日、同社が運営するファイル転送サービス「宅ふぁいる便」が何者かの不正アクセスを受け、個人情報約480万件が流出したと明らかにしました。

流出情報には現会員に加えて、既に退会した顧客のデータも含まれているとのこと。同社はインシデントを受け、宅ふぁいる便サービスの一時停止を決定しています。

サーバー内に不審なファイル

オージス総研の説明によると、インシデントが発覚したのは2019年1月22日。

「宅ふぁいる便」のサーバー内に同社が認識していないファイルが発見され、第三者調査機関を含めて調査を進めたところ、不審なアクセスログが確認されたとのこと。2019年1月25日には、顧客情報の漏えいを発表しています。

メールアドレスや住所などが流出

オージス総研によると、インシデントによりメールアドレスなど顧客情報約480万件が流出。各項目は下記の通りです。

  • メールアドレス
  • パスワード
  • 生年月日
  • 氏名
  • 性別
  • 業種・職種
  • 居住地(都道府県のみ)

なおオージス総研は流出項目にはパスワードも含まれていることから、外部サービスへのリスト型攻撃による二次被害の発生が予測されると発表。パスワードを使いまわしているユーザーに向けて、変更を促しています。

参照「宅ふぁいる便」サービスにおける不正アクセスによる、お客さま情報の漏洩について(お詫びとお願い) /株式会社オージス総研

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?