サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

サンリオタウン、330万人分の会員情報が外部アクセス可能に



画像:サンリオタウンHPより

ハローキティなどのキャラクターで知られるサンリオのファン向けコミュニティサイトである「サンリオタウン(Sanrio Town)」

2015年12月、このサイトから最大330万人分の個人情報がインターネット上で閲覧可能になっていたことが明らかとなりました。

事件の経緯

サンリオタウンを運営する米Sanrio Digitalによると、今回の事件はセキュリティリサーチャーのChris Vickery氏の発見と公表から発覚したものとなっています。

具体的な経緯は以下のようになっています。

2015年12月19日 Chris Vickery氏によってサンリオタウンの個人情報が第三者によってアクセス可能になっていることを公表
→同社はこれを受けて調査を実施した結果、実際に以下を確認
・個人情報がアクセス可能になっていること
・会員のパスワードは安全な状態で保持されていること
2015年12月22日 同社により、事件の詳細と問題への対処を行ったとのプレスリリースあり

サンリオタウンでは調査の結果を報告書として公表するとともに、その中に対応についても記載を行っています。

事件の原因(問題点)

Sanrio Digitalによると事件の原因は、サンリオタウンを運営するサーバの設定ミスにあったとのことです。
サーバの設定ミスによりサンリオタウンを運営するサーバのIPアドレスさえ知っていれば、誰でもサーバ上に存在する個人情報を閲覧できる状態になっていたのです。

本来であれば、こうしたWebサーバのような外部からのアクセスを受けるシステムには、設計段階からの外部からの侵入を防ぐような高いレベルのセキュリティ設定と、脆弱性が存在しないかどうかの常日頃からのチェックが必要です。

しかし、今回の事件はそれが出来ていなかったがために発生してしまいました。

まとめると、今回の事件の発生要因は以下の二点となります。

  1. サーバの設定ミスにより情報が閲覧できる状態になっていた
  2. 日常的な脆弱性のチェックが出来ていなかった

漏洩した情報は何か

Sanrio Digitalによれば、今回漏えいしたのはサンリオタウン会員の以下の個人情報です。

  • 氏名
  • 生年月日(エンコード化)
  • 性別
  • 国名
  • メールアドレス
  • パスワード(SHA-1ハッシュでエンコード化)
  • パスワードのヒント設定

実際にはパスワードは読める形にはなっておらず、また解読された形跡はないとのことです。
また今回、閲覧できるようになっていた情報の中にはクレジットカードや、その他の支払いに関する情報は含まれていないとのことです。

事件後の対応はどうだったのか

Sanrio Digitalは今回の事件で、12月19日のChris Vickery氏による発見と公表に基づいて、迅速に調査を行って、その結果を22日付けの文書で公表しています。

同社の対応のポイントは以下の3つとなります。

  1. サーバの設定ミスの修正と脆弱性への対処
  2. サーバへのセキュリティ強化システムの導入
  3. 被害者への説明とパスワード変更の要請

まとめ(筆者所感)

今回のサンリオタウンで会員情報がインターネット上で閲覧出来るようになっていた事件では、発覚後のSanrio Digital社の対応は非常に迅速なものであり、高く評価できると思います。

事件の原因は、サーバの設定ミスと脆弱性によるものであり、同社はこれに対して迅速な対応を行って問題を解決しています。

ただし、以下の2点について疑問が残ります。

  • 外部のセキュリティ専門家が発見するまで、なぜ気づけないのか
  • 被害者への補償は十分行えているのか

12月19日のChris Vickery氏による発見と公表があるまで、少なくとも報告書を読み限りでは同社は問題を把握していませんでした。

しかし、本来は運営側の同社は自分で問題に気づく必要があります。
また、設定ミスや脆弱性の問題はシステム構築時にセキュリティ試験を実施することや、日々のセキュリティパッチ適用など適切な運用を行っていれば解消されるはずのものです。

事件が起こってから対応する同社については、やはりセキュリティへの認識が甘かったと言わざるを得ません。

また、同社の報告書を読む限りでは、被害者へのパスワード変更などの要請については記述がありますが、補償については見当たりません。
被害者への謝罪と補償は企業としての信頼回復に大切なことだと考えるが、これについて同社はどのように考えているのか明確ではないのです。





  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。