画像:PRGホームページより

国内外のイベントの企画・運営や、人気アーティストのステージも手掛けるPRG(プロダクション・リソース・グループ)は、展示会の案内に関するメールを顧客に送信した際に、担当者の不手際によってメールアドレスが他の受信者のメール内に表示された状態で送信され、顧客のメールアドレスが流出したことを明らかにした。

同社によると、5月19日(金)19時頃に、担当者が展示会をご案内する目的で、顧客にメールを送信。複数の顧客へメールを同時配信する際、本来BCCに設定するべきところを誤ってCCに設定して配信してしまうという単純なミスだった。送信直後に、他社員が誤送信に気付いたことで発覚した。

発覚後担当者に連絡し、対象となった顧客に誤送信について連絡するとともに、お詫びのメールを送信し誤送信メールの削除を依頼している。対象となった顧客のメールアドレスは399件。

同社は再発防止にむけて、メール送信時の作業手順と遵守するべき事項を、社員全員に周知徹底することや、今後も継続的に個人情報保護おび情報セキュリティ教育を徹底・情報管理への感度の引上げを図っていくとのこと。

<参考>
メールアドレス流出についてのお詫び/PR
展示会案内メールの誤送信でメアド流出 - イベント企画会社/Security NEXT

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?