偽「スーパーマリオラン」アプリに注意!個人情報窃取の恐れ

[更新]

この記事は約 2 分で読めます。



画像:スーパーマリオラン|任天堂より

2016年12月にiOS版、2017年3月にAndroid版がリリースされ、世界中で人気となっているスマートフォン向けゲームアプリ「スーパーマリオラン」の不正アプリが確認されています。

セキュリティベンダーのトレンドマイクロが解析した結果によれば、「スーパーマリオラン」と同じ名称を用いた不正アプリは34種存在しており、またアプリ名に「マリオ」が含まれるものに関しては2012年以降6,500件以上確認されているとのことです。

海外のサードパーティ(第三者団体)で配布されたアプリでは、インストール時にアクセス権限が要求され、インストール後各種個人情報を取得、さらにクレジットカード情報の入力を求めるポップアップが表示されるケースもあるとのこと。

取得したアクセス権限はその後悪用され、外部サーバとの通信を許可することで遠隔から端末をハッキングすることも可能となってしまいます。

有効的な防御策としては、単純ですが、運営者が明確で信頼できるマーケットからアプリインストールを行うことが挙げられます。

<参照>
「スーパーマリオラン」装う不正アプリ34種、クレカ情報を盗むものも/マイナビニュース
偽「マリオアプリ」、5年間に6500件超 – Android版「スーマリラン」の便乗攻撃にも注意を/Security Next

セキュリティ診断サービス
あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配... サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ
作者:   セキュリティニュース