画像:スーパーマリオラン|任天堂より

2016年12月にiOS版、2017年3月にAndroid版がリリースされ、世界中で人気となっているスマートフォン向けゲームアプリ「スーパーマリオラン」の不正アプリが確認されています。

セキュリティベンダーのトレンドマイクロが解析した結果によれば、「スーパーマリオラン」と同じ名称を用いた不正アプリは34種存在しており、またアプリ名に「マリオ」が含まれるものに関しては2012年以降6,500件以上確認されているとのことです。

海外のサードパーティ(第三者団体)で配布されたアプリでは、インストール時にアクセス権限が要求され、インストール後各種個人情報を取得、さらにクレジットカード情報の入力を求めるポップアップが表示されるケースもあるとのこと。

取得したアクセス権限はその後悪用され、外部サーバとの通信を許可することで遠隔から端末をハッキングすることも可能となってしまいます。

有効的な防御策としては、単純ですが、運営者が明確で信頼できるマーケットからアプリインストールを行うことが挙げられます。

<参照>
「スーパーマリオラン」装う不正アプリ34種、クレカ情報を盗むものも/マイナビニュース
偽「マリオアプリ」、5年間に6500件超 - Android版「スーマリラン」の便乗攻撃にも注意を/Security Next

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。