2017年2月6日、フィッシング対策協議会はLINEを騙るフィッシングメールが増加しているとの注意喚起を行いました。

今回のメールでは件名に「Corporation」「安全認証」などの語句が使用されているとのことです。

LINEを騙るフィッシングメールは、2016年10月末頃から継続的に確認されています。

LINEをかたるフィッシングメールに注意/2016年10月31日
再び増加中!LINEをかたるフィッシングメールに注意/2016年12月22日

事件概要

【メール本文】

お客様のLINEアカウントに以上ログインされたことがありました。お客様のアカウントの安全のために、ェブページで検証してお願いします。

こちらのURLをクリックしてください。LINE安全認証

www.line.me/
〈http://www.●●●●nene.me/〉

LINE安全認証

LINEをかたるフィッシング/フィッシング対策協議会HPより引用

稼働中のフィッシングサイトに対しては、閉鎖に向け調査が行われているとのことです。

<参照>
[更新]LINEをかたるフィッシング/フィッシング対策協議会
危険なメールやリンクが出回っているので注意してください/LINE

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?