再び増加中!LINEをかたるフィッシングメールに注意

この記事は約 2 分で読めます。


(画像はLINEより引用)

2016年10月、フィッシング対策協議会よりLINEをかたるフィッシングメールへの注意喚起が行われました。被害が増加していることを受け、2016年12月21日、同協議会により再度緊急での注意喚起が発せられています。

ニュースの詳細

  • LINE Corportion
  • LINE

上記の件名で、下記内容のメールが届きます。

お客様のLINEアカウントに異常ログインされたことがありました。お客様のアカウントの安全のために、ウェブページで検証してお願いします。

こちらのURLをクリックしてください。安全認証

www.line.me/
<http://www.●●●●.me/>

※URLの安全認証有効起源は毎日9時から20時までです。

LINE
LINE Corporation

フィッシングに関するニュース/フィッシング対策協議会より引用

現在までに分かっているフィッシングサイトのURLが下記です。

  • http://www.●●●●ne.me/
  • http://www.●●●●me.me/
  • http://www.●●●●.top/
  • http://www.ll●●.me/
  • http://www.lie●●●●.me/
  • http://www.●●●●jp.me/

具体的対応

LINEでは、セキュリティに関する注意喚起などをメールでユーザーに連絡することは一切ないとの発表を行っていますので、この様なメールの指示に従うことの無いよう注意しましょう。

<参考>
危険なメールやリンクが出回っているので注意してください/LINE

こちらのページもご覧ください。

メルマガ会員登録(無料PDFプレゼント)

メルマガ会員登録をしていただくと下記PDFもプレゼント!
0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック

企業における情報漏洩対策として重要な、セキュリティ対策のための知識として基本的な「まずは知っておくべき内容!」をピックアップし、約40ページのPDFに整理いたしました!

その具体的な内容は、


img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラから