ニュースの概要

フィッシング対策協議会は2016年10月31日、LINEをかたったフィッシングの報告を受け注意を呼び掛けた。

LINEーー安全確認」という件名で、使用中のアカウントが異常ログインされたとメールが届き、リンク先のフィッシングサイトでIDやパスワード等のアカウント情報を入力するよう誘導されるという。

その後の対応

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)へサイト閉鎖の調査を依頼済みだが、31日現在も同サイトは稼働中で、今後類似サイトが公開される可能性もあるため注意が必要だという。

フィッシングサイトのURL
http://line.me.login.●●●●.pw/dialog/oauth/weblogin.htm

考察

LINEの普及率は高く、携帯電話の既存のメールや通話機能はほとんど使わないといった人も多い中で、アカウント情報の管理には十分に気を付けなければいけない。

関連リンク
フィッシング対策協議会-LINEをかたるフィッシング

 

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事