ニュースの概要

フィッシング対策協議会は2016年10月31日、LINEをかたったフィッシングの報告を受け注意を呼び掛けた。

LINEーー安全確認」という件名で、使用中のアカウントが異常ログインされたとメールが届き、リンク先のフィッシングサイトでIDやパスワード等のアカウント情報を入力するよう誘導されるという。

その後の対応

JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)へサイト閉鎖の調査を依頼済みだが、31日現在も同サイトは稼働中で、今後類似サイトが公開される可能性もあるため注意が必要だという。

フィッシングサイトのURL
http://line.me.login.●●●●.pw/dialog/oauth/weblogin.htm

考察

LINEの普及率は高く、携帯電話の既存のメールや通話機能はほとんど使わないといった人も多い中で、アカウント情報の管理には十分に気を付けなければいけない。

関連リンク
フィッシング対策協議会-LINEをかたるフィッシング

 

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?