日本版フィッシング対策啓発サイトが改ざん、挑戦的な犯行声明が残される

2017年1月15日、フィッシング対策協議会が運営を行うWEBサイト「STOP.THINK.CONNECT.」(日本版)が、第三者から不正アクセスを受けサイト情報が改ざんされていることが判明しました。

事件概要

同サイトの改ざんは「Shinobi H4x0r」と名乗る攻撃者により行われ、「退屈だったから腕試しした」等の声明が英文で記されていたとのことです。

事件を受けて

現在、フィッシング対策協議会では米国の運営者と共同で調査を進めており、同サイトへのアクセスを控える様呼びかけています。

<関連>
日本版 「STOP. THINK. CONNECT.」Webサイト改ざんに関するお詫び/フィッシング対策協議会

<参考>
フィッシング対策の啓発サイトが改ざん被害 - アクセス控えるよう注意喚起/Security NEXT

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?