ニュースの概要

トレンドマイクロのセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター クラウド」において、一定条件下でファイルやフォルダーに対する検索を回避されるおそれのある脆弱性が含まれている事がわかり、修正のプログラムが提供されている。

問題の含まれているバージョンは「ウイルスバスター クラウド バージョン8シリーズ」「ウイルスバスター クラウド バージョン10シリーズ」。同脆弱性による悪用は確認されていないという。

その後の対応

同社では、JPCERTコーディネーションセンターへ報告し、JVNでも情報が公開され利用者への周知をはかっており、用意された修正モジュールは手動での適用のほか、インターネットへ接続している場合は自動的に適用されるという。また「ウイルスバスター クラウド バージョン11シリーズ」以降は影響を受けないとしている。

関連リンク
トレンドマイクロによる脆弱性に関する報告
JVNによる情報公開

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?