サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

HDD(ハードディスク)のスクラッチは修復可能?復旧方法を解説



使用しているHDDが「カチカチ、カタカタと異音がする」「データを読み書きできない」などの症状が出ている場合は、HDDにスクラッチ障害が起きている可能性があります。

また、対応できる業者が少ないためデータ復旧業者に「HDDのディスクの傷(スクラッチ)により復旧不可」と診断されてしまうケースも多くあります。

この記事では、HDDのスクラッチ障害の解説から、スクラッチの復旧に対応している業者まで紹介しているので、是非参考にしてください。

HDDのスクラッチとは?

HDDの障害は大きく「論理障害」と「物理障害」の2つに分類されます。このうち、「物理障害」は中身のデータには問題がなく、HDD本体が物理的に破損している障害です。そのため、HDDの開封をし、部品の交換や修復が必要であり、データ復元ソフトなどを使用した、個人での復旧作業は不可能です。

スクラッチ」は物理障害の中でも最重度障害になり、上記のようにデータの記録面に直接傷がついている状態です。単なる部品の交換だけでなく、記録面を直接加工する技術が必要になります。

HDDのスクラッチが疑われる状況

HDDに以下のような症状が確認できる場合、HDDのスクラッチが疑われます。

  • カチカチ、カタカタ異音がする
  • 電源を入れてもすぐに止まる
  • HDDが認識されない
  • データを読み書きできない
  • OSが起動しない

スクラッチでなくとも、上記のような症状が確認できる場合はHDDに「物理障害」が発生している可能性があります。このような症状が現れた場合は、直ちに通電を避け、データ復旧の専門業者に相談しましょう。

HDDのスクラッチの原因

スクラッチの原因には、主に下記の2つが考えられます。

  • 経年劣化
  • 衝撃による破損

HDDは消耗品であるため、正常な使い方をしていたとしても、スクラッチに限らず障害が発生してしまいます。また、落下や強い衝撃などもHDDのスクラッチを引き起こす原因であるため、日ごろからこまめなバックアップを心掛け、慎重にHDDを扱いましょう。

HDDのスクラッチが引き起こすリスク

HDDのスクラッチが起きてしまったった場合以下のようなリスクがあります。

  • データを読み書きできなくなる
  • 保存データを失う

HDDのスクラッチでは、データの記録面に傷がついています。そのため、正常にデータの読み書きができなくなってしまいます。さらに症状が進むと、取り出せたはずのデータが完全に失われてしまいます。HDDに障害が発生した場合には下記の注意点を意識し、データ復旧の専門業者に相談してみてください。

HDDのスクラッチ発生時の注意点

HDDにスクラッチ障害が発生してしまった場合でも、データを取り戻せる可能性はまだ残っています。しかし、適切な処置で復旧を行わなければいけません。以下の2点に特に注意し、データが必要な場合は専門業者へ相談しましょう。

通電をしない

スクラッチや物理障害に限らず、障害が起きているHDDに通電をするのは控えましょう。特にスクラッチを含む、物理障害の起きているHDDに通電を続けると、正常な部品も破損したり、記録面に新しい傷をつけてしまう可能性があります。その結果、HDDの障害の状態がさらに悪化し、最悪の場合二度とデータが取り出せなくなる可能性があります。

個人での復旧作業をしない

繰り返しになりますが、スクラッチは重度の物理障害であり個人での復旧は不可能です。スクラッチの復旧は、専門の技術を持ったエンジニアが「クリーンルーム」と呼ばれる特殊な部屋で作業することが必要です。

HDDの開封やデータ復元ソフトの使用などを個人で行ってしまうと、状態の悪化だけでなく、専門のエンジニアでも復旧が難しい状態になってしまいます。

HDDのスクラッチを復旧する方法

スクラッチが起きているHDDに保存されているデータが必要な場合は、「データ復旧専門業者」へ相談するしかありません。データが必要でなくHDDの動作復旧をしたい場合は「機器修理専門業者・メーカー」に相談しましょう。

スクラッチ障害は、データではなくHDDそのものに障害が発生しています。そのため、市販のデータ復元ソフトの使用であったり、PC内の修復ツール等を使っても全く意味がありません。部品の交換や、傷がついているデータ記録面の特殊加工などが必要になります。

このように、スクラッチの復旧には高度な技術を要するため、復旧に対応している業者は限られてしまいます

HDDのスクラッチに対応しているデータ復旧専門業者

データ復旧業者に依頼する場合は、データを復旧できなければ意味がありません。そこでHDDのスクラッチに対応している「復旧率の高い」データ復旧専門業者を選定しました。相談から見積もりまで無料で行っているため、まずは相談してみてください。

デジタルデータリカバリー


サイト:デジタルデータリカバリー
デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。

国内でも対応できる業者が限られる中、デジタルデータリカバリーは他社で復旧できないスクラッチ障害のHDDも数多く復旧に成功しているようです
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積18万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

 

まとめ

今回は、HDDにスクラッチ障害が発生した場合のデータ復旧の方法を紹介しました。スクラッチは経年劣化などでも起こる意外に身近な障害であるにも関わらず、復旧難易度はかなり高く、普通のデータ復旧専門業者では断られてしまう可能性があります。

スクラッチ障害が発生した場合は注意点を意識し、無料で相談できる専門業者への問い合わせを検討してみてください。

  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。