サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

Macが外付けHDDを認識しない原因と対処方法

  • LINEで送る

MacとWindows間での互換性の問題などは改善されつつあるものの、そもそもOSが異なる両者では、システムエラーが発生する原因も対処も異なります。
本記事では、Macで外付けHDDが認識しない場合の原因と対処方法について解説します。

Macで外付けHDDが認識しない原因

Macが外付けHDD(ハードディスク)を認識せず、アクセスできない原因には次のようなものがあります。それぞれの原因に対する対処法は次項で説明します。

マウントされていない

Macと外付けHDDは接続しているのにマウント解除の状態になっているときは、外付けHDDにアクセスできません。

非表示になっている

Macの「Finder環境設定」では、デスクトップに何を表示するか設定できます。外付けHDDがデスクトップに表示する項目から外れているために、”認識していないように見える”ことがあります。

外付けHDDのケーブルが損傷している

Macや外付けHDDではなく、接続ケーブルや電源ケーブルが損傷している場合も、Macは外付けHDDを認識できません。また、電源ケーブルやコンセントタップに不具合があるために外付けHDDに供給される電力が不足している場合も、外付けHDDを認識しなくなることがあります。

フォーマットの形式が異なる

Windowsで使用していた外付けHDDをMacに接続する場合などは、フォーマット形式の違いにより外付けHDDが認識できないケースがあります。外付けHDDの初期設定フォーマットは、Windowsでしか使用できないNTFSである場合が多く、そのままMacに接続しても認識できません。

外付けHDDの故障

外付けHDDの電源ケーブルがきちんと刺さっていて、電源がオンになっているにも関わらずアクセスランプが点灯していない場合は、外付けHDDの故障が疑われます。HDDが動作するときは、内部で円盤型のディスク(プラッター)が高速回転します。全く動作音がしない場合や、逆に”カチカチ”・”カリカリカリ”などの異音がする場合も、外付けHDDが故障している可能性があります。
また、外付けHDDの故障は落下や水没など外的障害によるものの他、HDDの経年劣化でも不具合が生じることがあります。

Macのソフトウェア不具合

外付けHDDには異常がなく、Mac側のソフトウェアの不具合で、外付けHDDが認識しない状態になることがあります。

Macで外付けHDDが認識しない場合の対処法

Macが外付けHDD(ハードディスク)を認識しない場合、ユーザ自身で行える対処方法には次のようなものがあります。いずれも操作自体は簡単ですが、通電を伴うためHDDには負荷がかかります。故障したHDDにさらに負荷をかけると保存されたデータが損傷する可能性もあるため、外付けHDD内に重要なデータが保管されている場合は、動作確認や対処も含めてデータ復旧の専門業者に任せるほうが安全です。

再接続・再起動する

Macと外付けHDDとの接続不良の場合は、ケーブルを抜いて再接続し、再起動するだけで解消する場合があります。また、ケーブルを再接続するときに、接続部分の端子にホコリが溜まっている場合は取り除きます。

Finder環境設定を確認する


外付けHDDは正しく接続されているものの、デスクトップに表示する設定になっているかを確認します。
この場合、Finder環境設定の[一般]タブ内にある[デスクトップに表示する項目]で、[外部ディスク]にチェックが入っていない場合は、チェックします。

ケーブルを変更する

外付けHDDのケーブルが損傷している可能性がある場合は、新しいケーブルに変更します。見た目で傷ついているように見えなかったとしても、ケーブル内部で断線している場合もあります。

他のポートに差し込んでみる

外付けHDDやケーブル、Mac本体に異常がなくても、USBポートの端子部分が損傷しているために、Macが外付けHDDを認識できない場合があります。この場合、別のポートに外付けHDDを接続し直すことで解決することがあります。
また、USBポートが汚れていても、Macが外付けHDDを認識できない場合があるため、ポートはこまめに掃除しましょう。

Macのソフトウェアをアップデートする

Macのソフトウェアの不具合が外付けHDDを認識しない原因と思われる場合は、システム環境設定から[ソフトウェアアップデート]をクリックして、アップデートがないか確認します。アップデートがある場合は、最新バージョンにアップデートしましょう。

フォーマットする

フォーマットが異なる外付けHDDにデータを書き込むには、Macで再フォーマットする必要があります。
外付けHDDをフォーマットすると、Macのフォーマット形式でフォーマットされ認識するようになりますが、HDDに保存されているデータはすべて消失します。
Macでのみ使用する場合はHFSやHFS+で良いでしょう。外付けHDDをWindowsのPCと共有したい場合は、FAT32やexFATでフォーマットします。

ディスクユーティリティで動作を確認する


ユーティリティから[ディスクユーティリティ]を選択します。外付けHDDがマウントできていれば、ディスクユーティリティ画面の左側に、外付けHDDの名前が表示されます。
外付けHDDがマウントできていない場合は「マウントされていません」と表示されます。この場合、ディスクユーティリティ上部の[マウント]をクリックして外付けHDDをマウントします。
なお、ディスクユーティリティに外付けHDDが一切表示されない場合は、Macから認識されていない状態です。この場合は、外付けHDD以外のデバイスをすべてMacから取り外した状態で外付けHDDの電源を切り、入れ直してください。

First Aidで簡易修復する

ディスクのフォーマットやディレクトリ構造に関連するエラーが外付けHDDを認識しない原因と思われる場合は、ディスクユーティリティで修復できることがあります。
手順は次のとおりです。

  1. ディスクユーティリティから外付けHDDを選択
  2. [First Aid]ボタンをクリック

セーフモードで起動する

これまで紹介した方法を行っても外付けHDDを認識しない場合は、Macをセーフモードで起動してみると問題が解消することがあります。
セーフモードで起動する手順は次のとおりです。

  1. Macの電源を入れ、すぐに[shift]キーを押し続ける
    Macの起動中は押し続けます。
  2. ログイン画面が表示されたらキーを放す

Macをセーフモードで起動すると次のような処理が行われます。

  • Macの起動時に必要最低限のソフトウェアだけを読み込んで起動
  • フォントキャッシュやカーネルキャッシュなどのシステムキャッシュを削除

セーフモードで起動しても外付けHDDを認識しないようであれば、Macではなく外付けHDD側に問題がある可能性が高いでしょう。

Macで外付けHDDが認識しない場合の注意点

Macや外付けHDD(ハードディスク)の修理・修復をユーザ自身で行う場合、次のような点に注意する必要があります。

通電し続けないように注意する

外付けHDDが故障している状態で、通電し続けないようにします。通電中は、外付けHDDの磁気ヘッドも動作し続けています。故障状態では磁気ヘッドが不規則な動作をする可能性があり、本来は接触するはずのないプラッター部と接触してしまう可能性があります。
プラッターは、HDDの記録面です。磁気ヘッドとの接触によりプラッターが傷つくことで、記録されたデータも破壊されてしまいます。このため、外付けHDDの故障時には、通電を極力避けることが大切です。

電源のON・OFFを繰り返さない

外付けHDDが故障している状態で、電源を何度もON・OFFしないようにしましょう。通電し続けた場合と同じく、磁気ヘッドとプラッターが接触して、記録面を傷つけてしまう可能性がある他、データの上書きが発生し必要なデータが消失してしまうことがあります。
データを読み込むことができない領域を不良セクタと言いますが、電源のON・OFFの繰り返しにより不良セクタがさらに拡大してしまいます。HDDにとって最も負荷が高いのが電源のON・OFFです。故障状態な上にさらに負荷を加えることで、外付けHDDの故障が拡大してしまいます。

分解はNG

Macや外付けHDDの分解を伴う作業をユーザ自身で行うことは推奨しません。分解には深い知識が必要な上、ユーザが一度分解してしまうと、そのMac・HDDはメーカーの保証対象から外れてしまうことがあります。専門業者がHDDを分解するときは、必ず専用のクリーンルーム内で行います。HDDは精密部品で構成されており、小さな塵やホコリも故障の原因になるためです。
深い専門知識や分解に適した環境のない場所でHDDの分解作業を行うことで、余計に故障箇所が増えたり、内部のデータが破損したりすることがあります。

個人でデータ復旧を行う場合は注意

紹介したMac・外付けHDDの修理・修復方法は、データのバックアップやデータの復旧はユーザ自身で行う前提です。HDDの故障によりデータも破損していた場合、データ復旧ソフト等でデータの復旧作業をすることになります。データ復旧ソフトによるデータ復旧は、成功すれば問題ないのですが、失敗すると情報の上書きなどが発生し、本来復旧できるはずのデータも失ってしまいます。
“データの復旧作業は一発勝負”と言われており、ユーザ自身によるデータ復旧作業で一度失敗している場合、データ復旧専門の業者でもデータを取り戻すのが困難な場合があります。
ハードディスク内にどうしても取り出したいデータがある場合は、一切の修理・修復作業を行わずに、まずデータ復旧の専門業者にデータの取り出しを依頼しましょう

おすすめデータ復旧業者への無料相談・お見積りはこちら

Macで外付けHDDが認識しない場合の最終手段

紹介した方法を行ってMacが外付けHDD(ハードディスク)を認識しない場合でも、HDD内の大切なデータだけは取り戻したいものです。最終手段としてデータだけは死守するためにできることを紹介します。

HDDからデータを取り出す

Macがどうしても外付けHDDを認識しない場合、データ復旧ソフト等でデータの復旧作業をすることになります。データ復旧ソフトの使い方は簡単なので、復旧に成功すれば問題ないのですが、ひとつ注意点があります。失敗すると情報の上書きなどが発生し、本来復旧できるはずのデータも失ってしまうことです。

復旧サービス、専門業者に依頼

これまで紹介した方法でもMacが外付けHDDを認識しなかった場合は、データ復旧・復元の専門業者に依頼するのが一番確実です。自己判断でのデータ復旧・復元ソフトの使用も、外付けHDDの分解も、失敗した場合は本来復旧できたデータすら消失してしまうため、非常にリスクが高いためです。

おすすめデータ復旧サービス・製品

技術力が高い業者の選定といっても、素人には判断が難しいです。
そこで、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。
(2020年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

デジタルデータリカバリー


サイトデジタルデータリカバリー
デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積18万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

データリカバリーサービス


サイトデータリカバリーサービス
データリカバリーサービスはデジタルデータリカバリーに次ぐ復旧率90.6%を誇るデータ復旧業者です。
国内をはじめ世界各国の復旧会社と情報交換・技術導入を行っているようです。少数精鋭のエンジニア集団でそれほどの規模でないながらも1万3000件以上の相談実績があり、無料診断も実施しているため、データリカバリーサービスへ問合せしてみるのもよいでしょう。

価格 160GB未満:12,000円~
160GB~500GB未満:18,000円~
500GB~1TB未満:25,000円~
1TB~2TB未満:36,000円~
2TB以上:48,000円~
内容(対応製品) 外付けHDD、パソコン、SSD、USBメモリ、RAID機器(NAS/サーバー)、ビデオカメラ、SDカード、MSDカードなど
期間 初期診断:最短90分
初期診断後に復旧期間を提示
特長 データ復旧率90.6%
延べ13793件のご利用実績
国内外の復旧会社とコネクションを持つ少数精鋭のエンジニア集団

まとめ

MacとWindowsでは、外付けHDDが認識しない場合に行う対処が異なります。一方、両者で共通する原則は、PC/Macや外付けHDD本体の故障だけでなく、付属品のケーブルなど周辺機器もあわせて検証することや、電源の入れ忘れ・ケーブルの抜けなど基本的なことも改めて確認することです。
また、対処中の通電によりHDDには相当な負荷がかかり、内部のデータを損傷してしまうリスクがあるため、外付けHDD内に重要なデータが保存されているときは、”何もしない”状態でデータ復旧の専門業者に相談すべきです。

おすすめデータ復旧業者への無料相談・お見積りはこちら

  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。