サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

Macが外付けHDD(ハードディスク)を認識しない原因と対処方法



「Macが外付けHDD (ハードディスク) を認識しなくなってしまった

「Macに外付けHDDを接続しても動かない

もし上記のようなケースで、必要なデータにアクセスできない場合、Macや外付けHDDに発生している障害原因を特定し、それぞれに最適な対処法を行えば外付けHDDに保存されていたデータを復旧できる可能性は十分にあります

MacとWindows間での互換性の問題などは改善されつつあるものの、そもそもOSが異なる両者では、システムエラーが発生する原因も対処も異なります。

本記事では、Macで外付けHDD(ハードディスク)が認識しない場合の原因と対処方法について解説します。

Macで外付けHDDが認識しない原因

Macが外付けHDD(ハードディスク)を認識せず、アクセスできない原因には次のようなものがあります。

電力が供給されていない

外付けHDDに電力が供給されないと認識できず、中のデータにアクセスはできなくなってしまいます。電源が入っているかどうかも確認しましょう。

ポータブル型HDDの場合

USBケーブルがMacに適切に接続されているかどうかを確認しましょう。接続されていても認識されない場合は、USBケーブルが破損している可能性が高いです。

据え置き型HDDの場合

据え置き型HDDはコンセントから電力供給が必要となるため、コンセントが外れている場合、HDDは起動しません。LEDランプがついていないと、そもそも電力供給が行われていない可能性が高いので、電源周りをきちんと確かめましょう。

マウントされていない

Macと外付けHDDは接続しているのに、マウント解除の状態になっているときは、外付けHDDにアクセスできません。

※マウント:PC上で外付けHDDなどデバイスが利用可能な状態になっていることを指します。

外付けHDDのケーブルが損傷している

Macや外付けHDDではなく、接続ケーブルや電源ケーブルが損傷している場合も、Macは外付けHDDを認識できません。また、電源ケーブルやコンセントタップに不具合があるために外付けHDDに供給される電力が不足している場合も、外付けHDDを認識しなくなることがあります。

フォーマットの形式が異なる

Windowsで使用していた外付けHDDをMacに接続する場合などは、フォーマット形式の違いにより外付けHDDが認識できないケースがあります。外付けHDDの初期設定フォーマットは、Windowsでしか使用できないファイルシステム「NTFS」である場合が多く、そのままMacに接続しても認識できません。

▶フォーマットする方法はこちら(データ消失に注意)

Macのソフトウェア不具合

外付けHDDには異常がなく、Mac側のソフトウェアの不具合で、外付けHDDが認識しない状態になることがあります。

▶Macのソフトウェアをアップデートする

Finderの設定が不完全

通常の場合、Macに外付けHDDをつなげるとデスクトップにアイコンが表示されます。しかし、Macや外付けHDDを購入して間もなかったり、Finderの表示設定が有効になっていなかったりすると、HDDのアイコンが適切に表示されません。この場合、Finderの表示設定を見直すと改善することがあります。

▶Finder環境設定を確認する

外付けHDDの故障

外付けHDDの電源ケーブルがきちんと刺さっていて、電源がオンになっているにも関わらずアクセスランプが点灯していない場合は、外付けHDDの故障が疑われます。たとえばHDDが動作するとき、内部で円盤型のディスク(プラッター)が高速回転します。しかし落下や水没の影響、または経年劣化による不具合を起こすと、HDDは正常に駆動せず、全く動作音がしなかったり、あるいは「カチカチ」「カタカタ」などの異音がすることがあります。この場合、外付けHDDが故障している可能性があります。

認識しないHDDからデータを取り出したい場合は、データ復旧の専門業者に相談することをおすすめします。外付けHDDが故障している場合、故障箇所によって専門の復旧ツールや設備が必要となります。データ復旧の専門業者では、自力で復旧不可能なデータも救出できる可能性が高いため、大切なデータであれば相談してみるといいでしょう。


データ復旧業者の中には、自社内に復旧設備を持たず外注しているケースや、復旧実績の少ない業者も多々あります。データ復旧業者の実力を確実に見極めるためには、3つのポイントを確認しましょう。

データ復旧業者の実力を確実に見極めるためのポイント

【ポイント1】データ復旧業者の技術力を見極める
【ポイント2】信頼できる復旧業者かどうかを見極める
【ポイント3】サービスの利用しやすさを見極める

上記の3つのポイントから厳選したおすすめの業者は、デジタルデータリカバリーです。

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリー
公式HPデジタルデータリカバリー

11年連続データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧サービス最大手
復旧率最高値は95.2%と高い技術力
✔依頼の8割を48時間以内に復旧するスピード対応
✔国際標準規格ISO27001/ISMS認証を取得した万全なセキュリティ体制
✔警視庁からの表彰、東京都からの技術革新による表彰など豊富な実績

こちらのデジタルデータリカバリーは、国内で最も規模が大きいデータ復旧業者の1つです。依頼前に無料で相談・診断・見積まで行ってくれるので、データ復旧業者を探している場合はこちらのデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

Macで外付けHDDが認識しない場合の注意点

Macや外付けHDD(ハードディスク)の修理・修復をユーザ自身で行う場合、次のような点に注意する必要があります。

  • 通電し続けないように注意する
  • 電源のON・OFFを繰り返さない
  • 分解はNG
  • 通電状態でケーブルの抜き差しを繰り返す・複数のパソコンで接続を試す
  • データ復旧ソフトを利用する・個人でデータの復旧・復元を行う

通電し続けないように注意する

外付けHDDが故障している状態で、通電し続けないようにしましょう。

通電中は、外付けHDDの磁気ヘッド(データの読み書き装置)も動作し続けています。しかし故障状態では磁気ヘッドが不規則な動作をすることがあり、本来は接触するはずのないプラッタ(データ記録面)と接触してしまう可能性があります。

プラッターは、HDDの記録面です。磁気ヘッドとの接触によりプラッターが傷つくことで、記録されたデータも破壊されてしまいます。このため、外付けHDDの故障時には、通電を極力避けることが大切です。

電源のON・OFFを繰り返さない

外付けHDDが故障している状態で、電源を何度もON・OFFしないようにしましょう。通電し続けた場合と同じく、磁気ヘッドとプラッターが接触して、記録面を傷つけてしまう可能性がある他、データの上書きが発生し必要なデータが消失してしまうことがあります。

データを読み込むことができない領域を不良セクタと言いますが、電源のON・OFFの繰り返しにより不良セクタがさらに拡大してしまいます。HDDにとって最も負荷が高いのが電源のON・OFFです。故障状態な上にさらに負荷を加えることで、外付けHDDの故障が拡大してしまいます。

分解はNG

Macや外付けHDDの分解を伴う作業をユーザ自身で行うことは推奨しません。分解には深い知識が必要な上、ユーザが一度分解してしまうと、そのMac・HDDはメーカーの保証対象から外れてしまうことがあります。専門業者がHDDを分解するときは、必ず専用のクリーンルーム内で行います。HDDは精密部品で構成されており、小さな塵やホコリも故障の原因になるためです。

深い専門知識や分解に適した環境のない場所でHDDの分解作業を行うことで、余計に故障箇所が増えたり、内部のデータが破損したりすることがあります。

通電状態でケーブルの抜き差しを繰り返す・複数のパソコンで接続を試す

外付けHDDが認識しない場合、ケーブルや接続しているMac自体に問題があることも多いため、ケーブルや接続用の端末を差し替えて、抜き差しを繰り返すことで認識することもあります。ただし、通電した状態での抜き差しは外付けHDDに負担をかけやすく、データが破損する恐れが高いため、控えましょう。

データ復旧ソフトを利用する・個人でデータの復旧・復元を行う

HDD内部のデータが破損していた場合、もし軽度の論理障害であれば、市販のデータ復元ソフトでデータ復元・復旧が可能性な場合があります。

代表的な復元ソフトには次のものがあります。

ソフト名 金額 復元対応 特長
ファイナルデータ ¥7,110 PC・HDD・SSD・SDカード・USBメモリ・破損したパーティション、文字化けしたofficeファイル 90年代から使われている老舗ソフトのため、対応データの種類も非常に多い。
Wondershare Recoverit ¥5,980 PC・HDD・SSD・SDカード・USBメモリ 復元が難しい大容量データ(動画など)の復元にも対応

ただし、データ復元ソフトは軽度の論理障害にしか対応できず、物理障害が発生している場合はデータ復元・復旧作業を行うことができません。また障害箇所や障害の程度は、専門的な設備や知識がなければ正しく判断することは困難であり、失敗するとデータの上書きや初期化が発生したり、HDDに負荷がかかり故障症状が悪化してしまうなど、本来救出できるはずのデータも失ってしまう危険性すらあります。

そもそも、「HDDのデータ復旧作業は一発勝負」と言われているほど技術力が必要とされる繊細な作業です。そのため、自分で復旧作業を試し失敗している場合、データ復旧専門の業者でもデータを取り戻す際の難易度も上げてしまいます。

HDD内にどうしても取り出したいデータがある場合は、なるべく修理・修復作業を行わずに、データ復旧の専門業者にデータの取り出しを依頼しましょう。

データ復旧業者の選定方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

Macで外付けHDDが認識しない場合の対処法

Macが外付けHDDを認識しない場合、ユーザ自身で行える対処方法には次のようなものがあります。いずれも操作自体は簡単ですが、通電を伴うためHDDには負荷がかかります。故障したHDDにさらに負荷をかけると保存されたデータが損傷する可能性もあるため、外付けHDD内に重要なデータが保管されている場合は、動作確認や対処も含めてデータ復旧の専門業者に任せるほうが安全です。

再接続・再起動する

Macと外付けHDDとの接続不良の場合は、ケーブルを抜いて再接続し、再起動するだけで解消する場合があります。また、ケーブルを再接続するときに、接続部分の端子にホコリが溜まっている場合は取り除きます。ただし、再接続・再起動を繰り返すと状態が悪化する恐れがありますので、ご注意ください。

Finder環境設定を確認する

Finder環境設定

外付けHDDは正しく接続されているものの、デスクトップに表示する設定になっているかを確認します。
この場合、Finder環境設定の[一般]タブ内にある[デスクトップに表示する項目]で、[外部ディスク]にチェックが入っていない場合は、チェックします。

ディスクユーティリティで動作を確認する

外付けHDDがマウントできていれば、ディスクユーティリティで確認することが可能です。

■ディスクユーティリティで動作を確認する手順

 ①画面下の「Finder」を選択します。

finder

 

 ②アプリケーション内の「ユーティリティ」を選択します。

ユーティリティ

 

③ユーティリティ内から「ディスクユーティリティ」を選択します

ディスクユーティリティ

 ⑤外付けHDDがマウントできていれば、ディスクユーティリティ画面の左側に、外付けHDDの名前が表示されます。

ただし、外付けHDDがマウントできていない場合は「マウントされていません」と表示されます。この場合、ディスクユーティリティ上部の[マウント]をクリックして外付けHDDをマウントします。

ディスクユーティリティでの動作確認

なお、ディスクユーティリティに外付けHDDが一切表示されない場合は、Macから認識されていない状態です。この場合は、外付けHDD以外のデバイスをすべてMacから取り外した状態で外付けHDDの電源を切り、入れ直してください。

ディスクユーティリティに外付けHDDの内容が全く表示されない場合

この場合、Macに外付けHDDが一切認識されていないので、電源供給など抜本的な部分を見直すと、改善される場合があります。

ケーブルを変更する

外付けHDDのケーブルが損傷している可能性がある場合は、新しいケーブルに変更します。見た目で傷ついているように見えなかったとしても、ケーブル内部で断線している場合もあります。

他のポートに差し込んでみる

外付けHDDやケーブル、Mac本体に異常がなくても、USBポートの端子部分が損傷しているために、Macが外付けHDDを認識できない場合があります。この場合、別のポートに外付けHDDを接続し直すことで解決することがあります。

また、USBポートが汚れていても、Macが外付けHDDを認識できない場合があるため、ポートはこまめに掃除しましょう。

Macのソフトウェアをアップデートする

Macのソフトウェアの不具合が外付けHDDを認識しない原因と思われる場合は、システム環境設定から[ソフトウェアアップデート]をクリックして、アップデートがないか確認します。アップデートがある場合は、最新バージョンにアップデートしましょう。

First Aidで簡易修復する

ディスクのフォーマットやディレクトリ構造に関連するエラーが外付けHDDを認識しない原因と思われる場合は、ディスクユーティリティで修理・修復できることがあります。
手順は次のとおりです。

  1. ディスクユーティリティから外付けHDDを選択
  2. [First Aid]ボタンをクリック

First Aidでの簡易修復

セーフモードで起動する

これまで紹介した方法を行っても外付けHDDを認識しない場合は、Macをセーフモードで起動してみると問題が解消することがあります。

セーフモードで起動する手順は次のとおりです。

  1. Macの電源を入れ、すぐに[shift]キーを押し続ける
    Macの起動中は押し続けます。
  2. ログイン画面が表示されたらキーを放す

Macをセーフモードで起動すると次のような処理が行われます。

  • Macの起動時に必要最低限のソフトウェアだけを読み込んで起動
  • フォントキャッシュやカーネルキャッシュなどのシステムキャッシュを削除

セーフモードで起動しても外付けHDDを認識しないようであれば、Macではなく外付けHDD側に問題がある可能性が高いでしょう。

フォーマットする(データ消失に注意)

フォーマットが異なる外付けHDDだと、正しく認識されないことがあります。この場合、Mac上で再フォーマットすると、元どおり動作することがありますが、保存されていたデータはすべて消失してしまいます。

下記の方法はデータが必要な場合、絶対に試さないようにしましょう。

Windowsでフォーマットする方法

フォーマットするHDDを選択して右クリックし、「フォーマット」を選択してください。

フォーマットする

Macでフォーマットする方法

①画面下のFinderをクリックします。

画面下のFinderをクリック

 

②アプリケーションフォルダ内の「ユーティリティ」から「ディスクユーティリティ」を選択します。

アプリケーションフォルダ内のユーティリティをクリック

ユーティリティからディスクユーティリティをクリック

 

③フォーマット予定のHDDを選び、ツールバーにある「消去」ボタンをクリックします。

フォーマット予定のHDDを選び、ツールバーにある「消去」ボタンをクリック

 

④新しいHDDの名前を入力します。

ここでフォーマットの形式を選択します。Macのみで使う場合は「Mac OS拡張」あるいは「HFS(HFS+)」で良いでしょう。また外付けHDDをWindowsのPCと共有したい場合は「FAT32」「exFAT」の形式でフォーマットします。

新しいHDDの名前を入力し、フォーマット形式を選択

上記方法で外付けHDDが認識しなかった場合のデータ復旧方法

これまで紹介した対処法でもMacが外付けHDDを認識しなかった場合、外付けHDDに保存されているデータを取り出したい方は、専門のデータ復旧業者に依頼することをおすすめします。データ復旧業者は、HDD(ハードディスク)やSSD(ソリッドステートドライブ)、USBメモリなど、障害が発生した記憶媒体からデータを復旧・復元するサービスを行っている業者です。

外付けHDDの復旧実績がある業者であれば、復旧に関する専門知識や設備、ノウハウが蓄積されています。どの復旧方法よりもデータ復旧成功の確率が高いと言え、最も安全に速くデータ復旧を行える可能性が高いです。診断~見積もりまで無料で行っている業者もあるため、まずは無料相談を受け付けているデータ復旧業者へ問い合わせることおすすめします。

データ復旧サービスについては、下記の記事で詳しく解説しています。

データ復旧業者を選ぶポイント

データ復旧業者を選ぶ際、具体的な選定方法を紹介します。データ復旧業者は業者によって技術力のレベルや復旧設備の充実度が大きく異なります。下記の要件をしっかり満たしている業者かを確認しましょう。

  1. 高い技術力
  2. 早い復旧スピード
  3. 豊富な相談実績
  4. 整った復旧設備・環境
  5. 万全なセキュリティ対策

高度な技術力

データ復旧業者を選択していく中で一番重要なのは、技術力です。

似たようなデータ復旧業者であっても、対応できる機種や症状は大きく異なります。データ復旧は何度もできることではなく、場合によっては二度とデータを取り出せなくなってしまう可能性があります。

データ復旧業者に依頼するにあたってHPに客観的な数値で「データ復旧成功率〇%」「相談実績〇件」といった記載をしている確認する必要があります。

復旧率が高い業者であっても信用できない?

復旧率が高いだけでは信用できない」という考え方もあります。復旧率の計算方法が業者によって違うため、復旧率だけでは判断が難しいことが理由です。しかし、全国100以上あると言われるデータ復旧業者から依頼先を決めるうえで、復旧率という客観的な指標が判断材料の一つとなるのも確かです。もし選ぶ際に不安でしたら、その他のポイントも含めて比較し、より詳細で客観的な数値が記載されている業者を選択することをおすすめします。

速い復旧スピード

復旧技術が高い業者は復旧スピードが速い可能性が高いです。復旧技術の高い業者は機器に起きている障害の特定や対処法の判断が早いため、復旧作業がスムーズに行われます。

そこで注意していただきたいのが、復旧スピードが速いからといって復旧できる範囲が広いとは限らないという点です。業者によってはスピードが速い分、復旧は簡単な症状に限定している場合があります。

復旧スピードの指標として、「最短即日復旧」「24時間365日営業」「必要部品のストックが多い」「1日の作業キャパシティが大きい」などの表記があるか確認してみましょう。

豊富な相談実績

新しい機器や記憶媒体が次々に登場する中で、復旧作業は過去にどれだけ相談・復旧事例があったかによって日々進歩するものです。実績が「高い技術力」「早い復旧スピード」の裏付けにもなります。

業者によっては「業界トップクラス」などあいまいな表現しか記載していません。正確な相談件数や復旧率と、その根拠を記載している業者の方がより信頼ができます。実績のある業者には「データ復旧成功率〇%」「相談実績〇件」のような具体的な数値を記載しているはずなので、確認してみてください。

また、上場企業や官公庁からの依頼実績は、データ復旧業者における信頼が高い証拠です。

整った復旧設備・環境

データ復旧の為には、設備・環境が充実していることも重要です。

たとえば、症状によっては、HDDを開封する際に内部にホコリなどが入ってしまい、データ復旧不可能になってしまう可能性もあります。危険防止のため、ごみやホコリが混入しないためのクリーンルームなどの専用設備を設置している業者もあります。

また、「持ち込みの依頼ができるか」も確認しておくと安心です。データ復旧を機器郵送でしか行っていない場合、作業自体を海外の企業に外注している場合もあります。

特別な設備や環境が整っていると、データ復旧において対応できる症状が増えるため、復旧成功確率が高くなります。

万全なセキュリティ対策

データ復旧を依頼するうえで、業者がセキュリティ対策を行っていることはとても重要です。

万全なセキュリティ対策がなければ、依頼したデータの流出の可能性があります。

セキュリティ対策がしっかりしている業者では、「プライバシーマーク」や「ISO認証」などの認定を得ています。これら認定は、世界基準で規定されている厳しい調査をクリアした業者の未収得できるものとなります。

会社のデータや個人情報のデータの復旧を依頼する場合には、セキュリティ対策を重視している業者を選ぶようにしましょう。


ここまでデータ復旧・HDD復旧業者を選ぶポイントについて徹底解説してきました。

繰り返しになりますが、業者によって技術レベルや設備が大きく異なるため、信頼できる復旧業者を選びましょう。以上の内容を踏まえて、データ復旧サービス各社の価格、内容(対応製品)、期間や特長から比較した編集部おすすめのHDD復旧専門業者をご紹介します。

おすすめデータ復旧サービス・製品

デジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリー
公式HPデジタルデータリカバリー

デジタルデータリカバリーは、データ復旧国内売り上げNo.1のデータ復旧専門業者です。復旧率最高値は95.2%と非常に高い技術力を有しています。依頼の8割を48時間以内に復旧と復旧のスピードも優れています。また、官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績があります。

相談から見積もりの提示まで無料で行っているため、データ復旧を検討している際はまずは最大手であるデジタルデータリカバリーに相談すると良いでしょう。

復旧費用 相談から見積もりまで無料
500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
対応製品 RAID機器(NAS/サーバー)、パソコン(ノート/デスクトップ)、外付けHDD、SSD、USBメモリ、ビデオカメラ、SDカード・レコーダー等記憶媒体全般
復旧期間 最短当日に復旧完了(本社へ持ち込む場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
復旧率最高値95.2%の非常に高い技術力
官公庁や大手企業を含む累積29万件以上の相談実績
相談・診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

デジタルデータリカバリーのさらに詳しい説明は公式サイトへ

まとめ

MacとWindowsでは、外付けHDDが認識しない場合に行う対処が異なります。一方、両者で共通する原則は、PC/Macや外付けHDD本体の故障だけでなく、付属品のケーブルなど周辺機器もあわせて検証することや、電源の入れ忘れ・ケーブルの抜けなど基本的なことも改めて確認することです。

自分で作業を試しても外付けHDDを認識できない場合や、取り出したい大切なデータがある場合、それ以上の作業は中断して、HDD復旧の専門業者への相談も視野に入れて対応を行いましょう。

(2022年最新版)おすすめデータ復旧業者ランキングはこちら

SNSでもご購読できます。