サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

HDD(ハードディスク)の障害・故障を診断する方法



HDD(ハードディスク)の不具合は、個人診断による復旧・修復で対処できることがあります。しかし、経年劣化などで物理的破損が起きている場合、個人診断や修復を行うと大切なデータが失われる恐れがあります。

もっとも、HDDの故障診断は、機器の状態やデータの優先度合いによって変わってくるため、この記事ではHDDの適切な診断手順や、故障を診断する方法を中心に解説していきます。

HDD(ハードディスク)を診断する手段

HDDの故障診断の方法には「自己診断」と「専門業者での診断」があります。ただし、どちらを選択すべきかは、機器の状態やデータの優先度合いによって変わってきます。

自己診断(セルフチェック)を推奨するケース

以下の状態にあてはまる場合、個人の対応で解決できる可能性が高く「個人診断」での修復をお勧めします。

  • 「通常どおりデータが見れる」「バックアップがある」などデータそのものに問題がない
  • ファイルシステムの破損などシステムエラー
  • 下記の「専門業者での診断を推奨するケース」内で紹介している事例に一つもあてはまらない

専門業者での診断を推奨するケース

以下の状態にあてはまる場合、機器に物理的な障害が起きている可能性が高く「プロの専門業者で診断を受けること」をお勧めします

  • フリーズや応答なしが頻発する
  • フォーマット要求される
  • 異音がする
  • バックアップがない
  • ディスクの管理で、HDDが認識されない
  • S.M.A.R.T.情報で、赤色が表示される
  • チェックディスク(CHKDSK)が終わらない
  • 上記の症状によりデータを見ることが出来ない など

もし、このような状態で、個人診断による修復を行うと、機器が破損、もしくはデータが完全に失われる恐れがあります。

HDD(ハードディスク)の障害・故障を診断する方法

HDDの動作音で確認する

HDDから「カチカチ」「カタカタ」と異音がする場合、機器が壊れかけている状態です。もし、このような状態で修復などの作業を行うと、状態が悪化する恐れがあります。ただちにHDDの使用をやめてください。

ただしHDDからは、異音だけでなく、正常な音(データ読み書き時に発生するシーク音など)も鳴るので、音のみで「正常」「異常」の判断を行う際は、注意が必要です。

なお、HDDの異音の種類については下記の記事を参照してください。

ディスクの管理で確認する

Windowsの標準ツール「ディスクの管理」を使えば、HDDがWindowsに適切な形で認識されているかを判断できます。これを開くには、以下の手順に従ってください。

  1. 検索ボックスで「compmgmt.msc」というコマンドを実行
  2. 「コンピュータの管理」内にある「ディスクの管理」という機能を表示する

正常時は下記のようにディスク(HDD)が通常どおり表示され、ドライブ容量などの現状が把握できます

しかし、異常時はディスク自体が認識されません。

この場合、WindowsはHDDを見失っており、物理障害が疑われます。このような状態で個人診断による修復を行うと、データ・機器ともに破損する恐れがあります。

S.M.A.R.T.情報を確認する

HDDおよびSSDには、エラー回数など40件以上の検査項目をモニタリングする「S.M.A.R.T.」という機能が搭載されており、検査内容は「Crystal Disk Info」というフリーソフトなどで簡易表示できます。

列挙されている項目は、HDDとSSDで異なるものの、基本的に全てなら問題ありません。しかし、が有る際は、ハードウェアに故障の兆候がみられるため注意が必要です。

特に下記の項目が場合、深刻な物理障害がHDDに発生している恐れがあります。

  • リードエラー …データの読み書きを行う磁気ヘッドがデータを読まなかったことを示す
  • 代替処理済のセクタ数 …不良セクタ(読み込み不可能なデータ領域)の発生回数を示す

なお、S.M.A.R.T.で障害が起きたHDDはむやみに操作したり、データの移動を続けたりすると、状態がさらに悪化するため、通電および電源のオンオフ自体も極力控えましょう。

チェックディスク(CHKDSK)を実行する

チェックディスク(あるいはエラーチェック)とは、Windowsに標準搭載されているエラーチェッカーで、ファイルシステムの破損を検出し、自動修復します。

ただし、修復できるものは、ファイルシステム破損によるエラー(軽度論理障害)だけです。ハードウェアに起きている物理的な障害は修復することは出来ません(むしろこの場合、チェックディスクを行うと、状態がさらに悪化する恐れがあります)

なお、チェックディスクが終わらない場合の原因と対処法については下記の記事を参照してください。

専門業者で故障診断を受ける

データ復旧の専門業者では、具体的な障害内容を明らかにする​​​​「故障診断」を行っているケースがほとんどです。これは上記の診断方法を行うと「データを失いかねない場合」や「確実かつ安全にデータを復旧したい場合」に有効であり、データ復旧の専門家が診断するため、上記の方法よりも、正確かつ確実に不具合が把握できます。

なお、データ復旧サービスを依頼する上で、基本的にはHDDの診断は無料で行ってもらえることがほとんどです。HDDの故障により診断およびデータ復旧が必要な場合は、専門業者への依頼をしてみましょう。

おすすめ業者やデータ復旧サービスについては、以下の記事で詳しく紹介しています。

HDD(ハードディスク)故障時の注意点

HDDの故障・異常が発覚後、それを個人で対処しようとすると、状態が悪化する恐れがあります。それを避けるために、以下の点に注意しましょう。

HDDを分解しない

大前提としてHDDの分解を個人を行うことが不可能です。HDDのデータ記録面は非常に繊細であり、たとえ目に見えにホコリが付着しただけでデータが読み込めなくなってしまうのです。実際に、専門のデータ復旧業者では手術室と同等の清浄な空間でミクロ単位の作業を行います。専用設備がない環境で、HDDの分解や開封は絶対にしないようにしましょう。

故障時に通電しない/電源のオンオフを繰り返さない

パソコンの調子が悪いからと、HDDが故障している状態で通電し続けたり、電源のオンオフを繰り返すことは危険です。なぜならHDDにとって最も負荷が高いのが、通電および電源のオンオフであり、物理的な障害が発生している場合は、データ復旧および機器の修復が困難になってしまいます。HDDの故障時は極力、操作を控えましょう。

HDD(ハードディスク)異常発生時のデータ復旧方法

復元(復旧)ツールを利用する

復元(復旧)ツールとはアクセスできなくなったデータやファイルを復元・復旧するソフトのことです。復元(復旧)ツールは無料から有料のものまで様々あり、チェックディスクなどWindowsに内蔵されているツールも数多く存在します。

ただし復元(復旧)ツールは「誤操作」や「ファイルシステム破損」など論理的な障害にしか対応しておらず、使用方法や状況を見誤ると、症状をさらに悪化させ、データおよび機器が完全に破損する事態につながりかねません。またデータの復旧率に関しても、業者の対応と比べると、かなり低くなってしまいます。

そのような事態を避け、確実に復旧・復元を行いたいという方は、データの要不要に応じ、専門業者にまで相談することをおすすめします

専門業者に依頼する

個人診断、および個人での対応が難しい状況で「機器の修理」もしくは「データ復旧」を希望する場合は、専門業者に相談しましょう。

もし、データ不要で機器の動作改善を希望する場合は「修理業者やメーカー」に相談し、保存データを取り出したいという方は「データ復旧業者」まで相談してください。

データが不要な場合

データ不要で、機器自体の修理したいという方は、ご使用のパソコンメーカーや修理業者に修理の依頼をしましょう。破損しているパーツを修理・交換し、パソコンを再び動くようにしてもらうことができます。しかし、修理費用は決して安価とはいえず、修理費用を払うくらいなら買い替えたほうが良いケースも多いです。

修理業者に依頼してHDDの取替えなどを行った場合、内部のデータは保証されませんので、データが必要な場合は、先にデータ復旧業者への依頼をする必要があります。

データが必要な場合

HDDの障害には、非常に高度で専門的な作業が伴い、特に物理的な障害だと、個人での修復、およびデータ復旧は不可能となっています。そのような状況で、機器の動作改善よりも、保存されているデータを安全に取りだしたい場合は、データ復旧の専門業者まで相談・依頼することをおすすめします。

ただし、データ復旧業者は国内に100社以上あり、業者ごとに対応できる範囲も異なっています。そのため、障害機器に対応した技術力の高い業者を選ぶようにしましょう。中には診断~見積もりまで無料で行っている業者もあるため、まずは無料相談を受け付けている、技術力の高いデータ復旧業者へ相談することをおすすめします。

おすすめのデータ復旧業者

データ復旧を専門的に行っている業者は、まだあまり認知されておらず、情報収集が難しいのが現実です。

価格・内容(対応製品)・期間や特長から比較した、おすすめのサービスを紹介します。

デジタルデータリカバリー


サイトデジタルデータリカバリー
デジタルデータリカバリーは11年連続国内売上No.1の国内最大級のデータ復旧業者です。復旧率に関しても95.2%と業界最高水準を誇り、技術力は申し分ないといえます。
また、技術力の他に復旧スピードも非常に速く、最短当日かつ約80%が48時間以内に復旧されるというのも大きな魅力です。料金体系は成功報酬制が採用されており、診断・見積りも無料で行えるため、まずは最大手のデジタルデータリカバリーへの問合せをおすすめします。

価格 500GB未満:5,000円〜
500GB以上:10,000円〜
1TB以上:20,000円〜
2TB以上:30,000円〜
内容(対応製品) RAID機器(NAS/サーバー)、ハードディスク(パソコン)、外付けHDD、USBメモリ、ビデオカメラ、SSD、SDカード・MSDカードなど
期間 最短当日(持ち込みの場合)
約80%が48時間以内に復旧完了
特長 11年連続データ復旧国内売上No.1
95.2%の非常に高いデータ復旧率
累積29万件以上の相談実績
診断・見積り無料(デジタルデータリカバリーへの配送料も無料)

まとめ

HDDの故障を「個人で診断するか」「専門業者に診断してもらうか」は、機器の状況やデータの優先度合によって変わってきます。特に物理的な障害が疑われる場合は、個人での復旧・修復作業は推奨しません。

このような状況でHDDに通電し続けたり、電源のON・OFFを繰り返すと、データ復旧の可能性も著しく低下してしまいます。HDDが故障した、あるいは異常が感じられた時点で、電源をすぐに落とし、データ復旧を最優先する場合は、データ復旧専門業者にまで相談しましょう。

  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。