スマートフォンのテザリング利用と留意すべき3つのセキュリティ対応

この記事は約 3 分で読めます。


外出先などでPCを使用する際に、スマートフォンのテザリングを活用してインターネットを利用している方も多いと思います。

デザリングサービスとは

テザリングサービスは、スマートフォンをWi-FiやBluetoothなどのルーターとして、他のPCなどへ携帯電話キャリアの回線を利用してインターネットなどを活用できるようにするサービスです。これによって手持ちのスマートフォンを使用して、PCでインターネットが利用できます。

近頃は無料のWi-Fiが使えるところも多いですが、そうでないところもまだまだあり、そういったところでノートPCなどを活用して仕事をしたりする場合はこのテザリングは非常に便利なもので、よく筆者も活用しています。

デザリングの種類とセキュリテイ対策

テザリングの利用法としては、下記の3種類があります。

  • Wi-Fiテザリング
  • Bluetoothテザリング
  • USBテザリング

Wi-FiテザリングとBluetoothテザリングは、PCとスマートフォンとの通信手段は異なりますが、いずれもワイヤレスで接続します。

USBテザリングでは、PCとスマートフォンを直接USBケーブルで接続します。
ここでは、先のWi-Fi、Bluetoothについて見てみましょう。

Wi-Fi・Bluetoothでのデザリング

これらワイヤレスのテザリングサービスを活用してインターネットを利用する場合にセキュリティ面で気をつけるべきことには以下のようなことがあります。

1 接続の暗号化

PCとスマートフォンの接続の際に、通信内容を暗号化するということです。
これによって通信情報が不正に外部から閲覧されることを防ぐことが出来ます。

2 セキュリティキーの適切な設定

安易なセキュリティキーを設定することで、パスワードが解読され、他人に不正にテザリング接続を利用されてしまうことを防ぐことが出来ます。

3 テザリング機能の必要時以外の無効化

必要時以外はテザリングを有効にしないということです。
これによって、不正にアクセスされる機会が大幅に減ることになります。

Wi-Fi・Bluetoothデザリングの機能比較

速度面

Bluetoothは最大3Mbpsですので、最大433MbpsのWi-Fiには遠く及びません。

セキュリティ面

Bluetoothの場合は、最初の設定時に必ず機種同士を認証させるペアリングと呼ばれる操作が必要になりますので、知らない間に不正にアクセスされているということはありません。

まとめ

速度面を抜きにすると、Bluetoothはかなりセキュリティ面では有効ですが、速度面を考えるとWi-Fiを使用することになると思います。

しかし、Wi-Fiであっても先ほど述べたような対策をしっかりと行っておけば限りなく安全に利用することが出来ます。

IT企業10年間、Linux・Windows系のサーバ・インフラ系構築・運用エンジニアとして経験を積み、現在は、とある企業で社内SEとして活動。 多種多様な業務に携わってきたため知識は幅広く、得意分野はLinuxをはじめとしたサーバー構築。社内セキュリティ担当者としての経験も長く、セキュリティソフトウェアや、ゲートウェイ対策にも精通している専門家として活躍中。 >プロフィール詳細

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ