サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

不正なマルウェアソフトをインストールしてしまった時に取るべき3つの行動



「あ、しまった。これってやばいやつじゃないか。」Aさんは自分の使っているPCがおかしな挙動を始めたのを見て、自分の失敗に気が付きました。その少し前、Aさんはインターネットで見つけた使えそうなソフトウェアを自分のPCにインストールしてみたのです。しかし、それは実はPCに害をもたらす不正なマルウェアでした。

誰にでも起こりうるマルウェア感染

どれだけ注意していても、誤って不正なソフトウェアをインストールしてしまう可能性はゼロではありません。読者の皆さんの中で、不正なマルウェアをインストールしてしまったという経験を持つ方はそれほど多くはないかもしれません。

しかし、こういったミスも人間ですから誰にでも起こりうることです。今回は、このようにもし不正なマルウェアソフトをインストールしてしまった時にどうすれば良いか。対応としてまず何をするべきか、取るべき対策を3つの行動として見ていきましょう。

またマルウェアに限らずPCが突然おかしな挙動を始めたときは、何らかの不正なソフトウェアに感染している可能性があります。併せてこれから説明する対応を行いましょう。また対策はくれぐれも迅速に行うことが肝要です。

マルウェアへの3つの対策とは?

  1. ネットワークから切り離す(ネットワークケーブルを抜く/無線LANを切る)
  2. セキュリティソフトでウィルススキャンによるチェックを行う
  3. セキュリティソフトでマルウェアの駆除を行う

ここに不正なマルウェアをインストールしてしまったときにどうすべきかを3つ挙げました。どれもいろいろなところですでに言われていることですので、皆さんも聞かれたことがあると思います。いずれの対策も必ず行わなければならない非常に大切な手順です。では、ひとつひとつ細かく実際の手順を見ていきましょう。

1 ネットワークから切り離す

まず1はすぐに行ってください。疑わしいPCからはネットワーク経由でマルウェアが拡散する恐れがあります。そうなると、今おかしな動きをしている目の前のPCだけでなく、それ以外の多くのPCにまで被害が及んでしまうかもしれません。

したがって、何はともあれまずはネットワークから遮断することが必要です。これを行うことで他のPCへの拡散は止められます。

2 ウィルススキャン

次にすべきことは2のウィルススキャンです。これはセキュリティソフトでPCをスキャンしてマルウェアが実際にPC上にあるかどうかチェックするものです。

このとき注意すべきことはウィルス定義が最新のものになっているかどうかを確認すること。もし古い場合はCD-Rなど感染が疑われるPCで書き込みの出来ない媒体を使って、定義の更新を行うことが必要です。これによって、最新のウィルスの検出が可能になります。

3 マルウェアの駆除

最後にすべきこと、それはセキュリティソフトでのマルウェアの駆除です。実際に2のウィルススキャンを実行して検出されると、駆除方法がソフトウェアから示されますので、それに従って駆除します。

セキュリティソフトウェア自体で駆除できることもあれば、場合によっては別のツールを使ったり、手動で何かをしたりする必要があることもあります。いずれにしろ、示された方法に従って駆除を行うことが肝心です。

最終チェックとして

駆除が終わると、念のためもう一度2のウィルススキャンを行います。これは駆除によって実際にマルウェアがPCから取り除かれたことを確認する目的です。これによってマルウェアが正しく取り除かれると「脅威は見つかりませんでした」などの結果になるので、これを確認してください。

不正なマルウェアソフトをインストールしてしまい、PCがおかしな挙動をするという場合は、今回ご紹介した3つの行動を順番に行ってください。

おわりに

決してよくわからないなどと放置することはやめましょう。これをしっかりと行うことが、あなたの周りの新たな二次被害を防ぎ、被害を最小限に食い止める唯一の方法です。


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。