サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

読売新聞オンラインがサイバー被害、期間中3万件のアクセス確認



画像:読売新聞オンラインより引用

読売新聞社は2022年7月5日、同社が運営するウェブサービス「読売新聞オンライン」の会員情報管理システムが外部からの不正アクセスを受けたと明らかにしました。

同社によれば、2022年7月2日午後5時40分頃~2022年7月4日の午後5時頃にかけて約3万件のログインが確認されていますが、このうち一定数は不正ログイン行為によるものと見られます。

同社はこのため、攻撃の接続元を特定・遮断した上で、情報流出が懸念されるユーザーアカウントのパスワード無効化を決定。対象ユーザーに変更設定を呼び掛けています。

なお、同社は情報流出の有無を確認するため調査を継続中。流出情報の不正利用については、公表時点で実害は確認されていないと説明しています。

参照当サイトへの不正アクセスを確認 パスワード再設定をお願いします/読売新聞オンライン


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。