サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

京大大学院の教職員がEmotet感染、不審メール確認される



画像:京都大学大学院より引用

京都大学は2022年6月1日、同大大学院工学研究科に所属する教職員のパソコンがEmotetに感染したと明らかにしました。

Emotetは2022年に入り国内で流行しているマルウェアで、感染した端末のメール情報を抜き出し功名ななりすましメールを送信することで知られています。同大によると、感染の影響からメールアカウント情報が盗み取られ、同大工学研究科を装う不審メールが確認されているとのこと。

大学によると、Emotetは同大のメールアドレス(@***.kyoto-u.ac.jp)を用いて不審メールを送信しています。同大はこのため、同アドレスからのメールについて警戒するよう呼び掛けています。

現在は対策済も注意促す

京都大学によると、公表時点で感染した端末へのセキュリティ対策は完了しており、メールの不正送信も止まっています。

しかしながら、既に発信されたメールを止める術はなく、内外に被害が懸念される状況です。同大はこのため、今後は全構成員に対してマルウェアに関する注意を促し、再発を防止するとしています。

参照マルウェア感染が原因と思われる京都大学工学研究科メールアドレスを悪用したメール送信のお詫びについて/京都大学大学院


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。