月桂冠株式会社、不正アクセスで社内システムが一時停止状態に|サイバーセキュリティ.com

月桂冠株式会社、不正アクセスで社内システムが一時停止状態に



画像:月桂冠株式会社より引用

月桂冠株式会社は2022年4月6日、同社の運用するサーバーにて第三者からの不正アクセスが確認され、社内システムに障害が発生したと明らかにしました。

説明によると、同社では2022年4月2日より社内システムに障害が発生しており、これを調査したところ、原因が外部からの不正アクセスと判明したとのこと。

同社はこのため、社内システムの運用サーバーを一時停止し、外部とのネットワークの遮断を決定。現在は手口や被害状況を確認するため、関係機関に報告のうえ、外部専門家と協力し調査している状況です。

事実判明すれば公表か

月桂冠株式会社によると、不正アクセスによる攻撃は事実であるものの現在調査中であるため、攻撃者の侵入経路や原因および情報流出有無も判明していません。

ただし、同社は今後、公開すべき事実が判明した時点で、改めて公表すると発表。顧客など関係先に謝罪しました。

参照当社サーバへの不正アクセス発生のお知らせ/月桂冠株式会社




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。