送信形式の指定ミスで顧客アドレス77件流出|株式会社パソコンファーム|サイバーセキュリティ.com

送信形式の指定ミスで顧客アドレス77件流出|株式会社パソコンファーム



画像:株式会社パソコンファームより引用

株式会社パソコンファームは2021年3月24日、同社から発した外部一斉メールについて誤送信が発生し、送信先のメールアドレス77件が流出したと明らかにしました。

発表によると、誤送信は同社従業員が2021年3月2日、不要パソコンの回収を伝える案内メールを外部一斉送信した際に起きたもの。直接的な原因は送信形式の入力ミスで、外部一斉メールを送信する際に「BCC」ではなく、送信先のメールアドレスを表示する「宛先」欄に入力したため、流出が発生したとしています。

同社によると、誤送信は第三者の指摘により発覚しました。送信直後、匿名の人物より誤送信による流出を指摘する意見が寄せられたとのことです。

調査チームの結果踏まえ、再発防止へ

株式会社パソコンファームは今回の誤送信を受け、誤送信先に謝罪と経緯の説明をしています。また、誤送信メールには本来公開すべきでないメールアドレスが含まれているため、該当メールの削除を要請しているとのこと。

なお、同社はIT技術者などからなる調査チームを立ち上げており、改めて原因等の調査を進めているとのこと。再発防止策等は調査結果を踏まえて、決定するとしています。

参照メール誤送信に関するお知らせとお詫び




書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。