サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

誤送信で宛先のメールアドレスなど243件流出|株式会社工芸精器製作所

  • LINEで送る


画像:株式会社工芸精器製作所より引用

株式会社工芸精器製作所は2021年3月22日、同社が発信した電子メールについて誤送信が発生し、送信先243件のメールアドレスおよび氏名情報などが外部流出したと明らかにしました。

発表によると、同社は2021年3月17日に外部メールを発信する際、マクロ実行の操作ミスにより、本来宛先ごとに1通ずつ送信されるべきところ、「TO」に全てがセットされた状態で送信されてしまいました。

これにより送信先でお互いのメールアドレスが表示されてしまう事象が発生し、メールの流出が確定したとしています。

新システムの導入で再発防止へ

株式会社工芸精器製作所によると、メール送信業務の担当者自身がミスに気付き、誤送信が発覚しました。

このため、同社は誤送信先に向けて謝罪し、誤送信メールの削除を要請しています。また、今後の再発防止策として、新たにシステムを導入し、1件ずつメールを送信すると発表。合わせて、マクロによる一斉送信は中止すると発表しています。

参照メール誤送信に関する報告とお詫び





  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。