サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

アメリカを騒がすスワッティング攻撃、米国連邦捜査局がスマートデバイスへの対策推奨



画像:米国連邦捜査局より引用

米国連邦捜査局は2020年12月29日、米国国内でセキュリティの脆弱なスマートデバイスを対象にした不正アクセスが相次いで発生していると警告を発しました。

同局によれば、これらの不正アクセスはスマートデバイスの「緊急通報機能」を悪用したもので、「スワッティング攻撃」と呼ばれているとのこと。攻撃者は家庭用スマートデバイスを不正利用し居住者になりすまして、警察機関に虚偽の緊急通報を発信するなど、悪質なイタズラ行為に興じていると見られています。

言うまでもなく、こうした虚偽の通報は限られた公共資源を浪費し、現場に混乱をもたらす行為です。このため、米国連邦捜査局は虚偽通報を「重大な犯罪」と位置付けたうえで、デバイスの本来のユーザーに対しても不正アクセス被害を発生させない、セキュリティ対策を推奨しました。

原因はパスワードの使いまわし

米国連邦捜査局はスマートデバイスへの不正アクセスの手口について「すでに(別のサービスから)流出したパスワード」を利用していると分析しています。

背景には多くのユーザーが複数のサービスにまたがって共通のIDやパスワードを設定する傾向にある点を挙げ、ユーザー側にも対策を実施するよう推奨。具体的には、パスワードの使いまわしを避けることや、より強固なパスワードを設定するよう求めたほか、定期的なパスワード更新などを挙げています。

また、スマートデバイスのなかには、2要素認証や多要素認証が利用できるデバイスも存在します。同局はこれらの2要素目として登録する情報に、電子メールアドレスのアカウントではなく、モバイルデバイス番号にするよう推奨。不正利用されにくい認証情報を登録するよう求めています。

参照Recent Swatting Attacks Targeting Residents With Camera and Voice-Capable Smart Devices





  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。