サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

ベルパーク社がランサム感染、契約者情報など人質に金銭脅迫

  • LINEで送る

画像:株式会社ベルパークより引用

不動産関連事業者の株式会社ベルパークは2020年9月25日、同社がクラウド環境で利用する社内システムに対するサイバー攻撃が発生し、社内で保有していた個人および法人情報や金融機関情報(個人263件、法人839件)がランサムウェアにより暗号化される事象が発生したと明らかにしました。

ベルパーク社によれば2020年8月26日、社内で運用しているシステムに障害が発生。同社が開発会社に連絡し対応を求めましたが、2020年9月10日までに、個人情報を含む同社システムのデータが暗号化される事象が発生したとのこと。

また、その後システム運用画面に金銭を要求するメッセージが表示されたため、同社はランサムウェア感染に伴う暗号化と判断し、公表に踏み切ったとしています。

セキュリティ設定の不備を突いたサイバー攻撃

ベルパークによれば、今回の不正アクセスは攻撃者がクラウド環境で運用される同社システムへ侵入を試みたため発生した事案です。(攻撃を受けたサーバーに対する同社セキュリティ設定に不備があったとのこと)

このため、同社は対応策として、警察など関係機関への通報や外部の調査専門会社への依頼を実施し、当該システムへの調査を進めているとのこと。

記事発表時点で手口や原因の詳細は明らかにされていませんが判明後、被害者らについて改めて通知する方針を示しています。

参照不正アクセスによる情報流出の可能性について

  • LINEで送る

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント


メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?


メルマガ登録はこちら

SNSでもご購読できます。