エモテット感染でなりすましメールが発生│マイパール長野

画像:ウイルス感染に伴う不審メール発生に関するお詫びとお知らせ/株式会社マイパール長野より

国産米通販などを手掛ける株式会社マイパール長野は2020年1月24日、同社の従業員のPC端末がマルウェアに感染し、外部メールアドレスが流出した可能性があると明らかにしました。

同社によると、感染した端末は社内調査により発覚。確認を進めたところ、アカウント内に登録されていた取引先などを宛先とする、同社を装った不正メールが見つかりました。いっぽうで、同社は「(取引先ではなく)顧客情報」の流出は否定しています。同社は公式ウェブサイトで通信販売を手掛けていますが、顧客情報は感染した端末とは別のネットワーク環境で管理しているため、流出は確認されていないとのことです。

感染したマルウェアは「エモテット」

同社はホームページ上で感染したマルウェアの種別を明示していませんが、確認を進めたところ「エモテット」であると判明しました。

エモテットは感染後、メールアカウント内の情報を引用して拡散し、さらに被害者を広げてしまうマルウェアです。具体的には、アカウント内に記録されている「登録メールアドレスや本文内容」などの情報を抜き出して、「請求書・賞与の明細」などの名目で、添付ファイルとともにメールを送信するするといった手口を取ります。

エモテットの被害事例は、2019年の下半期以降、国内で急速に増えています。2020年に入ってからもその勢いはとどまるところを知らず、この1か月でも5件以上の被害事例が確認されています。

参照ウイルス感染に伴う不審メール発生に関するお詫びとお知らせ/株式会社マイパール長野

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?