マジック:ザ・ギャザリングのユーザーアカウント45万件が流出の可能性

画像:マジック:ザ・ギャザリング日本公式サイトより

海外メディアサイトのTechCrunchは2019年11月17日、Wizards of the Coast社が提供するオンラインカードゲームサービス「Magic:The Gathering」の約45万人分のユーザーアカウントデータが流出した可能性があると明らかにしました。「Magic: The Gathering」は世界的なムーブメントを引き起こしたカードゲームで、日本でも高い人気を誇っています。

情報によると、Wizards of the Coast社はユーザーデータをAmazon Web Servicesのストレージに保管していましたが、閲覧パスワードを設定しておらず、誰でもアクセス可能な状態にあったとのこと。これをあるセキュリティ企業が発見し、流出が明るみになりました。

悪用の可能性は低い

報道によると、データベースにはプレーヤー名とユーザー名、メールアドレス、アカウント作成日時などの他に、パスワードが記録されていました。ただし、パスワードについてはハッシュ化処理がされており、仮に不正閲覧があったとしても読み取りは困難とのこと。不幸中の幸いと言うべきか、記事発表時点で二次被害などは確認されていません。

参照'Magic: The Gathering' game maker exposed 452,000 players' account data/TechCrunch

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?