介護予防事業の対象者ら265人の情報を記録したUSBメモリを紛失│習志野市

画像:個人情報の紛失について/習志野市より

習志野市は2019年9月19日、高齢者支援課にて介護予防事業の対象者らの個人情報265人を記録したUSBメモリを紛失したと明らかにしました。

市の発表によると担当者は2019年9月9日、介護予防事業の対象者となるひとの個人情報をシステムから抽出する作業において、担当者がUSBメモリを探したところ紛失が判明。捜索を進めたものの発見には至っていません。

なお、市ではUSBメモリをカギ付きのキャビネットに保管しており、外部への流出可能性は低いと見ています。

改善具体策を定めると発表

習志野市は再発防止策として、今後は個人情報の保管に関する改善具体策を定めるとしています。また、影響を受けた対象者らには個別に謝罪する方針。

当該USBメモリには257世帯・265人の個人情報が記録されていました。内訳は下記の通りです。

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 郵便番号
  • 住所
  • 世帯主氏名

参照個人情報の紛失について/習志野市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?