オンラインサイトが不正アクセス受けカード情報291件に流出の可能性│株式会社ドリーム

画像:弊社運営のネットショップ(プロイデア直営ショップ)への不正アクセスによるクレジットカード情報流出のお詫びとご報告/株式会社ドリームより

株式会社ドリームは2019年8月6日、同社が運営するオンラインショップ「プロイデア直営ショップ」が何者かの不正アクセスを受け、クレジットカード情報291件に流出の可能性が生じていると明らかにしました。

同社が外部調査機関を通じて実施した調査によると、攻撃を受けたオンラインショップはカートシステムに脆弱性があり、攻撃者に利用された可能性があるとのこと。影響を受けたユーザーらに謝罪し、対応を勧めています。

事案の経緯は?

ドリーム社によると2019年4月26日、クレジットカードの決済代行会社より「情報流出の可能性」について連絡を受け、インシデントが発覚。同日中にオンラインショップを閉鎖し、2019年4月27日に外部調査機関PCF社に調査を依頼したところ、2018 年9月25日~2019年4月26日の期間中にカード情報が流出した可能性があると判明しました。

なお、同社によるとクレジットカード情報の内訳は下記の通りです。

  • クレジットカード番号
  • クレジットカード氏名
  • クレジットカード有効期限
  • セキュリティコード

(影響を受けた利用者は、直営店のみ。Yahoo!ショッピング店などは対象ではないとのこと)

参照弊社運営のネットショップ(プロイデア直営ショップ)への不正アクセスによるクレジットカード情報流出のお詫びとご報告/株式会社ドリーム

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?