ECサイトを狙う「フォームジャッキング」急増、EC-CUBEが注意喚起

画像:EC-CUBEより

ECサービスの「ECキューブ」などを提供する株式会社イーシーキューブは2019年5月9日、ECサイト全般に対して「フォームジャッキング」と呼ばれるサイバー攻撃が増加していると発表しました。

フォームジャッキングとは、攻撃者が何らかの手段でECショップの運営サーバーに侵入し、カード情報を自分に送信するよう決済画面を採掘するサイバー攻撃。攻撃を受けたサイトは、表面上の決済手続きは完了するが、裏では顧客のカード情報が、攻撃者に流出し続けるというものです。

ランサム・マイニングに次ぐサイバー攻撃

フォームジャッキングの増加は、セキュリティ会社のシマンテックなど、複数社が指摘している傾向です。

2018年まではデータを人質にし金銭を要求する「ランサムウェア」や、端末のリソースを不正利用する「マイニングプログラム」が主流でしたが、2019年に入りフォームジャッキングが増加しているとのこと。

特に日本人のカード情報は信用度が高いので狙われやすく、危険な傾向にあると注意喚起を呼び掛けています。

参照【重要】サイト改ざんによるクレジットカード流出被害が増加しています/株式会社イーシーキューブ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?