画像:CITRIXより

ネットワーク技術会社の米国シトリックスは2019年3月6日、FBIより「同社が何者かのサイバー攻撃を受けた可能性がある」と通告を受けたと明らかにしました。

シトリックスはVPN技術などに強みを持ち、Fortune500の98%企業を含む約4万5,000社にソリューションを提供している著名企業。

インシデントは米国を中心に大々的に報じられ、米国ニュースメディア「The Register」などは、少なくとも6TB相当の電子メール・ドキュメントファイル・機密情報に懸念が生じたと報道。今後の動きに注目が集まっています。

高ステルス性サイバー攻撃「password spraying」の存在

高いセキュリティシステムを持つはずのシトリックスが、なぜサイバー攻撃による侵入を許したのか。その答えとして、高ステルス性サイバー攻撃「password spraying(パスワードスプレー攻撃)」の存在が指摘されています。

「password spraying」とは、総当たり型のサイバー攻撃を仕掛ける際に、防衛システムによる規制を受けないように攻撃者側がペースを調整する手法。強固なサイバーセキュリティ対策を持つ大手企業は多くの場合、「短期間に複数回のアクセス試行」を検出し、防御・警告するシステムを持っています。

ところが「password spraying」は攻撃ペースを落とすことで、防御システムを回避。攻撃対象にサイバー攻撃を悟られず、不正ログインを試みることができる手法として恐れられています。

イラン政府の関与の疑い

米国メディアのうち一定数は、シトリックスに対するサイバー攻撃の犯人として、イラン政府の関与可能性を挙げています。

現時点でシトリックス側は見解を明らかにしていませんが、イラン政府の息のかかったサイバー犯罪チームによる可能性があるとのこと。同社は今後詳細な調査を通じて、事態を明らかにする考えを示しています。

参照Citrix investigating unauthorized access to internal network/シトリックス公式ブログ
参照Iranian-backed hackers ransacked Citrix, swiped 6TB+ of emails, docs, secrets, says cyber-biz/The Register

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?