結核患者の個人情報を誤ってホームページに掲載|熊本県天草広域本部

画像:熊本県天草広域本部より

熊本県は2019年1月25日、天草広域本部のホームページ上にて、結核に感染した80代男性の個人情報が閲覧可能な状態にあったと明らかにしました。

情報流出の原因はアップロードの際の操作ミス。インシデントは2018年10月より発生し、3か月以上掲載され続けたとのことです。

内部の指摘により発覚

熊本県の説明によると、掲載ミスは内部の指摘により発覚。結核などの疾病により公費負担を受けている患者が記載する「患者表記載事項変更届」について、本来掲載するべきサンプルファイルの代わりに、男性が記入したものが掲載されていたとのことです。

県が調査を進めたところ、担当者が男性のファイルを本来のサンプルと取り違え、掲載していたことが明らかになりました。

情報流出による被害は確認されず

熊本県はインシデントが発覚した2019年1月23日に、該当ページを非公開に設定。また翌24日には男性の家族に謝罪をしています。

情報流出に伴う2次被害は確認されていません。

参照結核患者の情報流出、ホームページで3ヵ月公開 熊本県天草保健所/熊本日日新聞

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?