【続報】クレカ情報7,741件に流出リスク、偽決済フォーム遷移で窃取|ディー・エル・マーケット

画像:不正アクセスによる個人情報流出に関するご報告とお詫び/ディー・エル・マーケット株式会社より

株式会社ディー・エル・マーケットは2018年12月25日、10月に発生した不正アクセスによる個人情報流出被害について、新たにクレジットカード情報7,741件に流出の可能性があると明らかにしました。

発表は外部専門調査機関2社の調査結果によるフォレンジック調査を踏まえたもの。同社のサーバーが改ざんされ、本来遷移するはずの決済画面とは別の「偽決済フォーム」に差し替えられたことが原因としています。

偽決済フォームによるカード情報流出の可能性

ディー・エル・マーケットによるとカード情報の流出懸念は2018年11月12日、カード決済会社よりカード情報流出の可能性について伝えられたことにより発覚。

同社はこれまでクレジットカード情報の流出は確認されていないとの立場を取っていましたが、外部調査機関に依頼してフォレンジック調査を進めたところ、流出の可能性が浮上し、今回の発表へと至っています。

同社によると、攻撃者は同社サービスのクレジットカード決済画面を偽装した「偽の決済フォーム画面」を用意し、本来の決済画面と差し替えられるように改ざん。サービス利用者が本来の決済画面と誤認して入力したカード情報を、不正に取得していた可能性があるとしています。

被害規模は?

ディー・エル・マーケットによると、影響を受けた可能性があるのは2018年10月17日22時05分~2018年11月12日21時50分に同社サービスでカード番号などを入力した利用者です。

同社によると、期間中に決済が成立し流出の可能性があると判断されたカード情報は最大で7,741件。これとは別に、決済は成立していないものの偽の決済フォームに誘導された可能性のあるデータが最大903件あるとしています。

なお、流出の可能性がある情報は下記の通りです。

  • クレジットカード番号
  • カード名義人
  • セキュリティコード
  • 有効期限

参照不正アクセスによる個人情報流出に関するご報告とお詫び/ディー・エル・マーケット株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?