画像:Cathay Pacific announces data security event affecting passenger data/より

香港の航空会社Cathay Pacific(キャセイパシフィック)は2018年10月24日、不正アクセスを受けたことを明らかにしました。

同社によると、不正アクセスの影響で乗客の個人情報合計約940万件が流出したとのこと。更に一部顧客の情報には、(期限切れではあるものの)クレジットカード情報も含まれていると説明しています。

パスワードの流出はなし

キャセイパシフィックは公式発表において、不正アクセスにより乗客情報のうち、氏名や国籍などの流出を認めています。

流出が懸念される情報

  • 氏名
  • 国籍
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • パスポート番号
  • 身分証明書番号
  • カスタマーサービスの備考 など

ただし同社はパスワードの流出を否定。また不正アクセスに伴う個人情報の悪用など、二次被害が確認されていないと説明しています。

対応に追われるキャセイパシフィック

キャセイパシフィックは今回の事案に対して、個別に影響を受けた顧客に連絡を行い、自己防衛のための措置を提供することで対応を進めています。また不正アクセスを受けたITシステムについては、主要なサイバーセキュリティ会社のサポートを受けて調査を実施し、ITセキュリティの強化を行う方針です。

参照Cathay Pacific Says Data Breach Exposed Personal Information of 9.4 Million Passengers/Time

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?