画像:イオンマーケティング株式会社より

イオンマーケティング株式会社は2018年9月15日、同社が展開する電子マネー関連サイトの「smartWAON ウェブサイト」 にて、複数の不正アクセスによる被害が発生していることを明らかにしました。

攻撃によりWAONポイントが別のカードへと移行されるなどの被害が発生。

同社は被害を受けたアカウントのIDとパスワードを変更するとともに、移動したポイントを復元する措置を取っています。

パスワードリスト攻撃の可能性

同社は攻撃者の手口を「パスワードリスト攻撃」 と推定しています。他のサイトから出回ったパスワードをそのまま当てはめるこの攻撃は、単純ですが非常に効果的なサイバー攻撃です。

同社は被害者に対して個別に事情を説明するとともに、攻撃を受けたアカウントのIDとパスワードの変更を実施。ポイントを復元した上で、サービスの再開を行いました。

被害の規模は?

イオンマーケティング株式会社によると、一連のサイバー攻撃により合計40名の利用者に被害が発生しました。

また同社は2018年9月12日よりサイトを一時閉鎖していましたが、安全の確認が取れたためサービスの再開を決定。記事発表時点では、正常にサービスを提供している状態です。

参照「smartWAON ウェブサイト」 不正アクセスによるポイント移行について /イオンマーケティング株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?