画像:北星信用金庫より

北星信用金庫は2018年8月31日、顧客情報合計48名分を誤って紛失したことを明らかにしました。同金庫によると、個人情報の保管期間に関して、従業員の認識相違が起きたとのこと。同金庫は謝罪の意を表明すると同時に説明を行っています。

なお、紛失した書類は廃棄処分されたと見られており、流出の可能性は低いとのことです。

事案の経緯は?

北星信用金庫によると、紛失したのは同金庫が保有する情報のうち、「連絡が取れなかった顧客」の未整備情報です。

通常、情報が記載された作業表の保存期限を「未整備情報は補完完了・もしくは預金取引終了から5年」と定めていました。しかしこの従業員は、未整備・取引終了前の作業表についても「5年」と勘違い。作業表等を廃棄したものと見られています。

被害規模や再発防止策は?

今回の事案では、合計48名分の情報が紛失となりました。記載されていた情報は下記の通りです。

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 電話番号

同金庫は再発防止策として、従業員教育を徹底する考えです。

参照お客様情報の紛失について/北星信用金庫

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?