画像:公害健康被害補償不服審査会の専門委員が盗難(審査に関する資料を入れたカバン)にあった件について/環境庁より

環境庁は2018年8月20日、公害健康被害補償の請求者らの個人情報が含まれた資料が紛失・流出した可能性があることを明らかにしました。

同庁によると、公害健康被害補償不服審査会の専門委員(以下、審査会専門委員)が電車の中でカバンの盗難被害に逢ったとのことです。

事案の経緯は?

環境庁の発表によると、被害は2018年8月15日に発生。審査会専門委員が夕刻に電車に搭乗した際に、カバンの盗難被害に逢ったと説明しています。

カバンの中には、「公害健康被害に関する不服審査請求」に関する請求者らの個人情報が記載された資料が含まれていたとのこと。

環境庁発表時点で不正流用の事実は確認されていませんが、公害や病歴・金銭に関わる情報のため、犯罪行為への転用が懸念される事案です。

流出情報の内訳は?

資料には、氏名や住所など下記の個人情報が記載されていました。

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 病歴

環境庁は警察に届け出を行った上で、文章の管理や再発防止の対策を推し進める考えを示しています。

参照公害健康被害補償不服審査会の専門委員が盗難(審査に関する資料を入れたカバン)にあった件について/環境庁

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?