画像:NTT Docomoより

大手通信事業者のNTT Docomo(以下ドコモ)は2018年8月14日、外部から取得した「dアカウント」を利用して、第三者が不正に「iPhone Ⅹ」を購入する被害が多発していることを明らかにしました。

同社はユーザーに対して二段階認証を導入することで「第三者による不正ログインを防止することができる」と説明。被害者の多数は、二段階認証を利用していなかったものと見られています。

犯人の手口はリスト型攻撃

今回の不正アクセスは、2018年7月下旬頃より発生。ドコモユーザーの窓口に相談が寄せられたことや、Twitter上で話題になったことから明らかになりました。

情報によると、攻撃の手口は他サイトなどで入手した情報を転用する「リスト型攻撃」とのこと。期間中に合計1,800回の攻撃を受け、被害規模は(未遂も含めて)約千件ほどと推定されています。

コンビニ受取を使い証拠隠滅

情報によると、攻撃者はドコモオンラインショップでを購入手続きを行い、コンビニ受取など自宅郵送以外の手法で入手していたとのこと。攻撃元のIPは中国や韓国のものである点などから、受取役は既に海外へと移動している可能性が高いとの見方も有力です。

主なターゲットである「iPhone Ⅹ」は、約14万円と非常に高額。ドコモ側は被害を受けたユーザーに対する料金請求の見合わせを検討するなど、対応を進めています。

参照不正なアクセス対策としての「2段階認証」ご利用のお願い/NTT Docomo
参照NTTドコモ 高額端末買わされる被害多発 通販サイトに不正/NHK NEWS

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?