画像:ノートパソコンの盗難にかかる個人情報の紛失について/東京大学より

東京大学は2018年7月26日、同大学の総合文化研究科の教員がノートパソコンの盗難被害を受けた事により、個人情報が流出した可能性を発表しました。

同大学によると、ノートパソコンには教員が担当した一部授業の受講生384名および、非常勤講師7名の個人情報が含まれていたとのこと。同大学は本人が直ちに被害届を提出した上で、関係者に謝罪を行っています。

事案の経緯は?

東京大学によると、今回の事案は2018年7月9日の学内イベント中に発生。教員が所有するカバンが盗難されたと説明しています。

カバンの中には該当のノートパソコンが入っており、内部データに個人情報が記録されていたとのこと。同大学によると、今回の発表時点では不正利用の事実は確認されていないとのこと。ただし、盗まれたノートパソコンはファイルシステムの暗号化がされておらず、セキュリティ的には脆弱な状態にあるようです。

流出した可能性のある情報は?

今回の事案で流出が懸念される個人情報は合計391件。

詳細は下記の通りです。

  1. 紛失した教員が担当した英語授業のうち、一部の授業科目の受講生:384名
    氏名
    学生証番号
    成績を記したファイル
  2. 非常勤講師:7名
    氏名
    生年月日
    住所
    連絡先等

参照ノートパソコンの盗難にかかる個人情報の紛失について/東京大学

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?