画像:フィッシング対策協議会より

フィッシング対策協議会は2018年7月24日、「MyJCB」をかたるフィッシングが横行していることを発表しました。

協議会によると、MyJCBを騙るこの詐欺メールは同日発表時点においても稼働中とのこと。「JPCERT/CC」にサイト閉鎖のための調査を依頼しているものの、類似の詐欺サイトが立ち上がる可能性もあり、注意喚起を行っています。

メールの手口は?

今回注意喚起が行われたフィッシングメールは、不正アクセスを受けたと通知し、ユーザーに任意のIDを入力させるもの。

フィッシングメールに多い通常の使用履歴やキャンペーンを装ったメールなどと比べ、「不正アクセス被害」と緊急性が高い内容を含んでいるため、被害者の増加が懸念されます。

行為そのものに目新しいものはない

今回のメールの詳細は下記の通りです。

件名
【重要:必ずお読みください】MyJCB ご登録確認 ●●●●

誘導先のURL
http://www.myjcb●●●●.com/

参照[更新] MyJCB をかたるフィッシング (2018/07/24)/フィッシング詐欺協議会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?